受験旬報

8 の用例 (0.00 秒)
  • 中曽根康弘は通信添削会員の一人であり『受験旬報』の読者であった。
  • 翌1932年、通信添削会を立ち上げ、機関誌『受験旬報』を創刊する。
  • 原は『受験旬報』の記事執筆者の一人でもある。
  • 欧文社の名前で創業した当時から、『受験旬報』や、英語の問題集などの教育を主とした出版を手掛ける。
  • 創刊時の通信添削の会員は17名、『受験旬報』は赤尾好夫とその友人の二人だけで作ったという。
  • 元々『受験旬報』という名前は、昨年9月に従来の旬刊を改めて月刊とした時に改題すべきものであったのですが、種々の事情から出来なかったのです。
  • また旺文社『螢雪時代』の前身である『受験旬報』では「英語問題の研究」などの記事を執筆した。
  • 誌面と添削により全力で受験生を激励する赤尾の姿勢は全国の受験生に支持され、『受験旬報』は発行部数を急速に伸ばす。