受験偏差値

6 の用例 (0.00 秒)
  • 著名人が多数輩出している名門校であるものの、戦中・戦後の混乱からの立ち直りが遅れ、受験偏差値・進学実績も低迷を続けて現在に至る。
  • 受験志願者数で圧倒的優位を占めた他、政治経済学部の受験偏差値が東京大学に並んだのもこの頃であった。
  • 京華高等学校も私学人気を追い風に、昭和50年代後半から平成初めごろまでの期間に、受験偏差値も難化したが黄金期には及ばず、その後は一進一退のままである。
  • 例えば、「危ない大学・消える大学」において、受験偏差値を基準とした大学の格付けを行っており、「偏差値の低い大学よりも高い大学に入学すべき」と言う持論を展開している。
  • それはたとえば、前章で紹介した「つきあってきた友だちは受験偏差値へんさちプラスマイナス五前後の大学生」と話す男子大学生に典型的にあらわれています。 森真一『ほんとはこわい「やさしさ社会」』より引用
  • たとえば、ある男子大学生は「受験偏差値プラスマイナス5前後の大学生と入学後も付き合う」と語っています。 森真一『ほんとはこわい「やさしさ社会」』より引用