受験

全て 名詞
7,949 の用例 (0.02 秒)
  • 彼も、学校の勉強や受験準備にはなんの興味ももっていないようだった。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 刻也が何か事情があって受験に失敗したという話は聞いたことがあった。 新井輝『ROOM NO.1301 10』より引用
  • 随分昔に自分の受験番号を探したときと同じで頭の中が熱くなっている。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 高い目標がある者は、受験態勢などなくても努力で達成するものなのだ。 今野緒雪『マリア様がみてる 07 いとしき歳月(前編)』より引用
  • 本格的な大学受験の準備をはじめるように、両親から迫られていたのだ。 勝目梓『女教師に捧げる鉄拳』より引用
  • もし高校生に戻るとしたら、受験ももう一回やらなくちゃならないのだ。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 太郎はそれを高校の時、大学受験案内を見ていて覚えてしまったのだった。 曾野綾子『太郎物語』より引用
  • ぼくが受験戦争に巻き込まれて学校に入ったのも、そういう意味がある。 尾崎豊『堕天使達のレクイエム』より引用
  • とうとうこの私の狙った相手が高校三年になり、卒業前の受験期になった。 胡桃沢耕史『旅券のない旅』より引用
  • 学校というのは受験がないだけで、かなりのんびりとした雰囲気ふんいきになる。 今野緒雪『マリア様がみてる 02 黄薔薇革命』より引用
  • そもそも俺がこの村に来たのは、静かな環境で受験勉強するためだぜ。 今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』より引用
  • 耕作は、みんなが寝てしまったあとも、中学の受験勉強をしているのだ。 三浦綾子『泥流地帯』より引用
  • 鮎太は翌日から六時に起きて、登校するまでの時間を受験準備に当てた。 井上靖『あすなろ物語』より引用
  • 三人並んで席に着くとー周囲の受験者からひそひそ声が聞こえてくる。 石踏一榮『ハイスクールD×D 11 進級試験とウロボロス』より引用
  • 彼の発想からすれば、かつての受験校の仲間は貴重な人脈であるはずだ。 篠田節子『カノン』より引用
  • 二年目の受験では、愛知県立芸術大学から受け入れの表明がありました。 富田倫生『本の未来』より引用
  • 受験戦争という言葉が生まれたのもそうした背景があったからです。 岩月謙司『女は男のどこを見ているか』より引用
  • 以前は授業を聞いていた者も、受験のために内職をするようになっていた。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • 受験勉強において挫折ざせつをせずにすんだのは、このおかげだと思っている。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • ここでは、学校の話と将来の希望と受験の準備の話などが多く出た。 田山花袋『田舎教師』より引用
  • 次へ »

受験 で始まる単語