受領

全て 名詞
1,903 の用例 (0.01 秒)
  • 右の命令を川口支隊長が受領したのは、三十日午後二時三十分であった。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 私が受領の妻などになったのを、不面目ふめんぼくなことに思っていられたのですよ。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • 地方官である受領もまた、多くの収入を得ていたと考えられている。
  • 自分より身分が低く、しかも父親ほどの年齢の受領伊予介の後妻になる。 大塚ひかり『源氏の男はみんなサイテー ―親子小説としての源氏物語』より引用
  • 更にその為義も冷遇されて一生受領にはなれなかったなどとされた。
  • 東京聖書学校卒業生からも教師試験、按手礼を受領する者が多数あった。
  • 医務室に物品を受領に行くと行動の秘密が洩れるという意味らしかった。 松本清張『虚線の下絵』より引用
  • 後継機を受領したあとは薬無しでも問題なく活動できる身体に改造されている。
  • そして現地赴任する国司の中の最高責任者を受領と呼ぶようになった。
  • 勝手知ったる定吉の家、お米は奥から印鑑を取り出して受領印を押した。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 2) ロッポンギから愛をこめて』より引用
  • 頼盛自身の知行国・常陸国の受領には代わりに兄・経盛が任じられる。
  • 受領名が主水助であったために、原 主水の名で知られている。
  • この受領拒否に対する策として、他の機体を使う準備をすすめている。
  • 坂東でもそうした土着受領が各地に見られたが、その規模は様々であった。
  • 第二次世界大戦後、ノルウェー海軍はドイツ海軍の魚雷艇を数隻受領した。
  • 受領が国内武士を把握する手続きは次のようであったとされている。
  • 海軍向けに建造されたがペイロード不足を理由に受領を拒否された。
  • 文化勲章受領者の九氏については、誰と云って文句のつくべき人はないだろう。 戸坂潤『日本の頭脳調べ』より引用
  • しかし、ソ連は資金難と修理施設の不足を理由に艦を受領しなかった。
  • 現在は主に長野県中南部を対象にニュース取材、受信料受領などを行っている。
  • 次へ »

受領 で始まる単語