受付

全て 名詞
5,035 の用例 (0.02 秒)
  • 私はその受付に行って汽車がいま開通しているものかどうか尋ねてみた。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • みのりは、もう自分は受付でなくなるのだとこの人に伝えたいと思った。 夏石鈴子『いらっしゃいませ』より引用
  • 一階に受付があり、このビルも六時になるとシャッターをしめてしまう。 阿刀田高『空想列車(上)』より引用
  • 受付嬢が二人に、駐車場のほうへ行こうと通りかかった警官が六人だった。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ05 銀河帝国への野望』より引用
  • 門と玄関とホール内の受付と、三回にわたってカードをチェックされた。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿06 夜光曲』より引用
  • 受付が井上の名前を消し忘れたというのは、決して偶然ぐうぜんではないのである。 赤川次郎『世界は破滅を待っている』より引用
  • 劇場の受付横に、車がかろうじて二台とめられる駐車スペースがあった。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』より引用
  • 彼女が昼食の休憩をとる間、僕がかわりに受付をすることになっていた。 喜多嶋隆『砂にかいたラヴ・レター』より引用
  • 受付では指に濃い色のマニキュアをしてはいけないことになっている。 夏石鈴子『いらっしゃいませ』より引用
  • 新庄が受付で一枚のカードを見せると、受付わきにある階段を案内された。 川上稔『AHEADシリーズ 02 終わりのクロニクル①〈下〉』より引用
  • 番頭が一緒に警察に入って、受付の職員に秀美のことを説明してくれた。 内田康夫『天河伝説殺人事件(上)』より引用
  • それが何の会社なのかは判らなかったが、ともかく受付嬢は親切だった。 大迫純一『ゾアハンター 02 ウリエルの娘』より引用
  • 勇を奮って少年は黒い石でかこまれた受付らしいところへ進んで行った。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • 脳外科医からもらった紹介状を受付へ出し、私は長椅子に座って待った。 原田宗典『どこにもない短篇集』より引用
  • 三人の男たちは校舎の正面玄関に入り、受付の女子職員に声をかけた。 勝目梓『炸裂』より引用
  • 目の前には受付があり、顔色の悪い人や老人がちらほらと座っていた。 諸口正巳『不死身のフジミさん 殺神鬼勧請』より引用
  • とりあえず荷物を何とかせねばと思い、私はおずおず受付の人に尋ねた。 柴門ふみ『四十雀の恋もステキ』より引用
  • ドアの前に専用の受付があり、制服姿の婦人警官がカウンターに着いている。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿06 夜光曲』より引用
  • 当り前のことをいているので、受付嬢は必死で笑いをかみ殺している。 赤川次郎『本日もセンチメンタル』より引用
  • 四人でつれだって、廊下を行くと、玄関ホールの受付の反対側に出た。 小松左京『夜が明けたら』より引用
  • 次へ »

受付 で始まる単語