受け取り

全て 動詞 名詞
4,427 の用例 (0.01 秒)
  • 彼が手紙を運んだ者に会い、 それを受け取りました次第にございます。 シェイクスピア/大山俊一訳『ハムレット』より引用
  • きき腕の右手で金を受け取りやすいように、ナイフは左手に持っていた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 運転手はびっくりした顔でお金を受け取り、運転席で帽子をかぶり直した。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』より引用
  • あの方はあなた様のお手紙を受け取りまして、心から感謝しております。 シェイクスピア/大山敏子訳『ウィンザーの陽気な女房たち』より引用
  • 保険金受け取りの手続きに必要な検案書の追加発行を依頼しに来るのだ。 椹野道流『鬼籍通覧1 暁天の星』より引用
  • 本を買ってくれるのはありがたいが、それ以外の金は受け取りたくない。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • しかし十七の娘盛なのに、小間使としても少し受け取りにくい姿である。 森鴎外『花子』より引用
  • まだ私は受け取りもしないうちから、その金のことを考えるようになった。 島崎藤村『分配』より引用
  • 腹は空いていても、魚の割当て食を受け取りにゆく気にもなれなかった。 ロンドン/山本政喜訳『野性の叫び』より引用
  • より自分に素直な時の方が曲にこめられた気持ちを受け取りやすい。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • ただ、離婚の書類を待っていたのだから、受け取りたいとだけいうんだ。 ガードナー/能島武文訳『義眼殺人事件』より引用
  • 男は手を差し出して石を受け取り、ためつすがめつしてから私に返した。 原田宗典『海の短編集』より引用
  • 素直に受け取り、惣次郎はなにも見なかったような顔で屋根船を離れた。 山藍紫姫子『色闇』より引用
  • 意味ありげな言葉も、受け取りかた次第でなんとでも解釈可能だった。 鈴木光司『ループ』より引用
  • 先生は為替かわせを組んでやって、男が窓口まどぐちからわたしたお金をりました。 ロフティング『ドリトル先生物語03巻 ドリトル先生の郵便局』より引用
  • それを両手で受け取り、少しずつ飲む光の姿を見ながら、ジュウは思う。 片山憲太郎『電波的な彼女03』より引用
  • 見張りの男は手紙を受け取り、エーブのいる部屋へと手紙を持っていく。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅸ 対立の町<下>』より引用
  • 今日、ここに受け取りに来たものは、そのための力の一つなのだろう? 川上稔『AHEADシリーズ 05 終わりのクロニクル③〈上〉』より引用
  • そして日本からそれを受け取りに来た者のいることも調べている。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く』より引用
  • 彼女は細い指で私がポケットから取り出した紙を受け取りました。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • 次へ »

受け取り で始まる単語