取調

全て 名詞
1,322 の用例 (0.01 秒)
  • ドアの開け放たれた取調室で、三十歳前後の男がコーヒーを飲んでいた。 佐竹一彦『新任警部補』より引用
  • 殺風景な取調室でこそないが、調書を取られているのと同じことだった。 津村秀介『松山着18時15分の死者』より引用
  • 翌日の朝九時から午後五時まで、片岡は田中とともに取調室にこもった。 佐竹一彦『刑事部屋』より引用
  • そんな風にして、十分か二十分が過ぎ、不意に取調室のドアが開いた。 佐竹一彦『ショカツ』より引用
  • 取調室へ入ると、椅子いすに座っていた皮ジャンパーの若者がかれのほうを見た。 赤川次郎『孤独な週末』より引用
  • それとも取調官から水を向けたり、質問したら答えるタイプでしたか。 佐木隆三『深川通り魔殺人事件』より引用
  • 小林昭二がトイレから帰ると、最初の刑事がまた取調室に入って来ていた。 朔立木『死亡推定時刻』より引用
  • 彼らがでていくと、取調室は牧原と井上、そして工作員の三人になった。 大沢在昌『悪夢狩り』より引用
  • その場で取調室とりしらべしつに連行されなかっただけ、いくらかマシというところか。 秋田禎信『魔術士オーフェンはぐれ旅 第01巻 「我が呼び声に応えよ獣」』より引用
  • 最初に殺した方は、あの警察署の取調室で自分をなぐりつけた男だった。 賀東招二『フルメタル・パニック!08 燃えるワン・マン・フォース』より引用
  • いうなれば、ここは教会での懺悔室であり、警察の取調室にも似ていた。 松本清張『事故 別冊黒い画集1』より引用
  • テッサのいる観察室かんさつしつは、向こうの取調室からは見えないようになっている。 賀東招二『フルメタル・パニック!02 疾るワン・ナイト・スタンド』より引用
  • 取調官は本当にそこに太陽が輝いているかのような錯覚をおぼえた。 森村誠一『新幹線殺人事件』より引用
  • 被害者自宅の見取り図も取調官が男性の後ろから手をとり書かされた。
  • すると中年男は二人の刑事に合図し、その二人は無言で取調室を出て行った。 半村良『幻視街』より引用
  • 音楽取調所は当時創立せられたもので、後の東京音楽学校の萌芽ほうがである。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • そこには、空室、と表示された取調室が五部屋ほど横に並んでいた。 佐竹一彦『挙動不審者』より引用
  • 取調室に戻ったちか子は、ごく普通の主婦の好奇心を働かせて質問した。 宮部みゆき『クロスファイア上巻』より引用
  • 私の心は、本当は取調室で室戸にいたぶられている時から決まっていた。 伊岡瞬『いつか、虹の向こうへ』より引用
  • そこで四人は、担当刑事に導かれ、取調室の隣にある暗い小部屋に入った。 椹野道流『鬼籍通覧6 亡羊の嘆』より引用
  • 次へ »

取調 で始まる単語