取水

全て 名詞
1,306 の用例 (0.01 秒)
  • 過去の水道施設として、明治時代に建設された取水塔が保存されている。
  • これにより韓国で取水された海洋深層水を用いた製品開発が開始された。
  • この中で特に北部九州では渇水になり福岡市では取水制限も取られている。
  • 取水口付近にあった氷の塊はフランス軍が設置した爆発物によって破壊される。
  • 自然に影響を及ぼすのは取水よりも利用後の排水の影響の方が問題となる。
  • 大正時代から昭和時代まで多摩川から取水して東京に上水を供給していた。
  • 近くを流れる阿武隈川から取水し福島市の多くに水を供給していた。
  • だが渇水時には取水量が不足するため、安定した用水補給が求められた。
  • 筑後川から取水した水道水を、大牟田市北部・東部地域へ供給している。
  • ダム直下には小渋湖より取水した水で発電している小渋第一発電所がある。
  • このため地上からは取水口程度しか観察することが出来ない。
  • その後再々度取水され境川ダムを経て久野脇発電所で再々度発電される。
  • 取水口より水を吸い込むと、その周辺には取水口へ向かって流れが生じる。
  • その後増設されたプラントも同じようにトンネル方式での取水となっている。
  • 地下水の安全取水可能量は年間1730万m 3 と見積もられている。
  • この取水塔は2001年8月28日に国の登録有形文化財に登録された。
  • 袋野堰の代わりに同地点には袋野取水塔が設けられ、用水供給を行っている。
  • また1938年には吾妻川からの取水を利用した発電も開始された。
  • 各プラントごとにトンネルを掘削し、沖合いに取水塔が設けられている。
  • 東京は大部分を多摩川の水に頼り、足りない分を相模川から取水していた。
  • 次へ »