取材許可証

19 の用例 (0.00 秒)
  • 取材許可証に加えて、取材のための駐車許可証が与えられることもある。
  • 見本市などでは、取材許可証と共に取材資料が送られてくることもある。
  • スポーツ競技や学校行事などのために取材許可証が発行されることもある。
  • 自由に取材ができる取材許可証である場合もあるし、そうでない場合もある。
  • 警察からの取材許可証が与えられるのはニュース速報を行う記者に限られる。
  • アメリカ合衆国では、市、郡、州などの地方警察が取材許可証を発行する。
  • 一般に対して非公開の行事にも取材許可証が発行されることがある。
  • 偽造取材許可証の増加のため、偽造防止技術が使われることも多くなっている。
  • 取材許可証を発行する機関は大きく3つに分けられる。
  • 通常、取材許可証を得るためには事前の申し込みが必要である。
  • 取材許可証を与えられた者は要人へのインタビューが認められたり、特別な部屋を与えられることもある。
  • 警察からの取材許可証を受けるには審査がある。
  • 取材許可証によって効力に違いがあるので、1人の記者が複数の取材許可証を持つ場合もある。
  • そのような取材許可証があれば、公務に支障を与えない限り警察や消防の立入禁止の線のなかに入ることが許される。
  • 取材許可証によっては法的な特権がある場合がある。
  • ただし、公開行事に比べると取材許可証が与えられる条件が厳しく、その分野の専門記者などにのみ与えられることも多い。
  • 警察から出される取材許可証は政府記者会見などでは通用せず、あくまでも災害などで臨時に設けられた立入禁止区域に入るためのものである。
  • 取材許可証の効力の大小はその発行元による。
  • なお、イベントに出演する芸能人の肖像権・パブリシティ権管理上の問題や、イベントコンパニオンを撮影しようとするいわゆるカメラ小僧への対策等の理由で、カメラマンに対しては通常の取材許可証とは別の撮影許可証を発行し、撮影許可証のない者についてはジャーナリストであっても撮影を拒否することがある。