取材記者

132 の用例 (0.00 秒)
  • 取材記者が懸命に雪を分けて現場へ急行しているころかもしれない。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • 取材記者としての幸運は、その、どうでもいいはずの余談の中にあった。 津村秀介『松山着18時15分の死者』より引用
  • 寒かろうが,人々が踊ろうが,取材記者の活動はこれからが大変である。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 萌のようなフリーの取材記者に渡される原稿料など、まるでバイト料だ。 林真理子『野ばら』より引用
  • われながら、インタビューする取材記者の口調になったと思ったが仕方ない。 林真理子『野ばら』より引用
  • 財閥に連なる家の娘が、どうして雑誌の取材記者などやっているのか。 林真理子『野ばら』より引用
  • これは取材記者との懇談など公式ではない発言などについて用いられる表現である。
  • 東京サミット取材記者証および身分証明書がない場合には入場できません。 三好徹『狙撃者たちの夏サミット・コンフィデンシャル』より引用
  • 父の死後日本へ帰国、以来雑誌取材記者としてプロ野球の舞台裏に関わる。
  • 彼の部下の取材記者が問題の人物と接触した。 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用
  • 取材記者の萌であるが、編集者の都合で原稿を急いで書かなくてはならないことがある。 林真理子『野ばら』より引用
  • 問題は取材記者に情報を提供した人物です。 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用
  • 今の取材記者の仕事も、おそらく新井という姓がなかったら得られなかったかもしれない。 林真理子『野ばら』より引用
  • 週刊誌の取材記者に情報を流した人物の正体、いったい、誰があんな真似をしたのか? 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用
  • 取材記者の方も大変なんでしょうね。 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用
  • と、取材記者にマイクを向けられた眼鏡の女子学生が答える。 佐々淳行『東大落城 安田講堂攻防七十二時間』より引用
  • これは取材記者の基本的な心掛けの問題でしてね。 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用
  • たまたまお茶の時間で、機械がとまっていたのは、取材記者にとって都合がよかった。 津村秀介『寝台急行銀河の殺意』より引用
  • その間に厳しい報道管制がかれ、警官隊によって射殺された取材記者もいた。 光瀬龍『所は何処、水師営 SF西郷隆盛と日露戦争』より引用
  • 十津川の横にいた笠井が、取材記者らしく、すぐ飛んで行った。 西村京太郎『殺しのバンカーショット』より引用
  • 次へ »

取材記者 の使われ方