取材源秘匿

10 の用例 (0.00 秒)
  • 取材の自由と関連して、取材源秘匿の権利があげられることがある。
  • 取材源秘匿原則は、記者が守るべき倫理義務として多くの国で認められている。
  • マスコミ人でありながら取材源秘匿を否定してたびたび「関係者とはだれか明らかにするべき」との主張を繰り返している。
  • だから、今までは取材源秘匿できるじゃない。 井上トシユキ+神宮前.org『2ちゃんねる宣言 挑発するメディア』より引用
  • マスメディアは取材源秘匿の要求を受け入れてでも、公的機関・業界団体から発表内容について発表者個人が特定される表現を避ける傾向があるが、報道の内容や推測される発表者の地位によっては、リークに加担していると批判されることがある。
  • でも個人情報取扱業者として、違法な振る舞いがあったという嫌疑がかかれば、取材源秘匿できなくなるんだよ。 井上トシユキ+神宮前.org『2ちゃんねる宣言 挑発するメディア』より引用
  • 上智大学教授の田島泰彦は、基本的に、記事の正確性、信頼性、透明性の観点から、情報の出所の明示が最も大事な原則であり、とりわけ、公権力を行使する政治家や官僚が情報源である場合、明示は当然であり、取材源秘匿は、取材源の生命にかかわる・重大な不利益になるといった場合の例外とすべきであると主張している。
  • 公人の実名報道の根拠は、記事の正確性、信頼性、透明性の観点から、情報の出所の明示が最も大事な原則であり、とりわけ、公権力を行使する政治家や官僚が情報源である場合、明示は当然であり、取材源秘匿は、取材源の生命にかかわる、重大な不利益になるといった場合の例外とすべきというものである。
  • 上智大学教授の田島泰彦は、基本的に、記事の正確性、信頼性、透明性の観点から、情報の出所の明示が最も大事な原則であり、とりわけ、公権力を行使する政治家や官僚が情報源である場合、明示は当然であり、取材源秘匿は、取材源の生命にかかわる、重大な不利益になるといった場合の例外とすべきであると主張している。
  • 翌2011年1月21日、大阪高裁は「テープの内容は書面などで代替が可能で、取材源秘匿の社会的価値を考慮してもなお提出が不可欠とはいえない」として地裁の決定を取り消し、有本の両親が最高裁への抗告を断念したため、確定した。