取材源の秘匿

7 の用例 (0.00 秒)
  • 取材源の秘匿の観点から、しばしばジャーナリズムの義務かつ権利として主張される。
  • 富山県警は週刊文春に対し任意提出を求めたが、取材源の秘匿を理由に拒否していた。
  • これは公式の発言では原則論・建前論ばかりで慎重な表現が多いが、非公式の発言では断定的だったり踏み込んだ本音の表現をすること等のために報道をすると公式の発言よりも大きく注目されやすいが、一方で非公式の発言では取材源の秘匿が要求されていることを理由に発表者の名前が報じられない。
  • 記者には「背景説明」など、公式発表以外で知り得た情報の情報源を公表してはならない「取材源の秘匿」が課せられている。
  • 刑事事件については、民訴法とは異なり、証言拒絶ができるとされる職業が限定列挙であり、報道関係者は含まれていないので、取材源の秘匿を理由に証言拒絶ができないこととなっている。
  • 法廷においても、取材源の秘匿を理由に記者は証言を拒否することが多いが、日本の民事訴訟では、記者の証言拒否を民事訴訟法上の「職業の秘密」の保持として認める判例がある一方、刑事訴訟では、認められていない。
  • 取材源の秘匿には、狭義と広義がある。