取扱い規約

21 の用例 (0.00 秒)
  • 国際的にはTNM分類が、日本国内では胆道癌取扱い規約による分類が使用されている。
  • 国際的にはUICCのTNM分類が用いられるが、日本では胃癌取扱い規約による病期分類が広く使用されている。
  • 日本では細胞診検査または細胞診断の判定基準は各臓器の癌取扱い規約で定義されたものが用いられることが多い。
  • 肺癌にはいろいろな種類があり、病状もさまざまで、治療法も多数あるので、取扱い規約に従って記載することで比較検討が容易になる。
  • 膵癌取扱い規約ではこの吻合順で分類が行われている。
  • 大腸癌取扱い規約は大腸癌の取扱い方法をまとめた専門化向けの冊子である。
  • たとえば胃癌取扱い規約では、第14版になり胃生検組織診断分類が大幅に変更された。
  • 国際的には国際対がん連合によって定められたTNM分類が有名だが、日本では癌取扱い規約においてもTNM記号を使った病期分類が定められており、広く用いられている。
  • 国際的にはUICCのTNM分類が、日本国内では胆道癌取扱い規約が用いられる。
  • ただし日本では、日本肝癌研究会による原発性肝癌取扱い規約が広く使用されている。
  • また腫瘍性病変については、癌取扱い規約に沿った臓器の検索法が推奨されている。
  • 現在、治療現場ではTNM分類が採用される事が多いが、上に上がるたびに進行しているといったように患者にとってわかりやすいABCD分類が採用される事も少なくなく、日本泌尿器科学会と日本病理学会の前立腺癌取扱い規約ではABCD分類が採用されている。
  • 切り出しの適否が病理診断の信頼性に関係するので癌取扱い規約では切り出し方法が例示されていることが多い。
  • 金原出版株式会社の「出版物の歴史」によれば、「胃癌取扱い規約」がもっとも古くからあり1962年に発行されている。
  • 胃癌取扱い規約はがん取扱い規約としてはもっとも古くからあり、第1版は1962年発行と記されている。
  • 日本の医療機関での癌の外科治療においては「癌取扱い規約」に則り、全身のリンパ節にはすべて番号が振られており、術式・病気の進行程度に応じて、領域リンパ節を郭清するかを決めており「リンパ節郭清度」と定義されている。
  • 膵がんの病期分類には、日本膵臓学会の膵癌取扱い規約と国際的なUICC分類の2つがあり、日本では主に日本膵臓学会の進行度が用いられている。
  • 臨床・病理 乳癌取扱い規約は、乳癌を一定の基準で記載するために臨床症状、手術所見、治療成績や乳癌の進み具合などの記載方法について規約として冊子にまとめられたもの。
  • 現在の胃癌取扱い規約は第14版である。
  • 胆道癌取扱い規約第5版による分類を示す。

取扱い規約 の使われ方