取扱いが異なる

11 の用例 (0.00 秒)
  • ただし、路線・運行事業者・主催者により取扱いが異なる場合がある。
  • 発行社によって取扱いが異なるが、基本的には希望をすれば指定した版の紙面を購読することが可能である。
  • なお、事業者によっても取扱いが異なる場合がある。
  • manacaエリアでの共同利用駅で乗り換える場合は、連絡改札口がある場合とない場合で取扱いが異なる。
  • 直営店とフランチャイズ店があり、店舗によって価格やテイクアウトの取扱いが異なる。
  • JR西日本・近鉄と他社路線を共同利用駅を経由して連続乗車する場合、乗換口がある駅と乗換口がない駅で取扱いが異なる。
  • いずれの身分に属するかによって、国内での様々な取扱いで差異を生ずることがあるほか、パスポートにその区分が明示されるため、海外渡航の際も相手国により取扱いが異なることがある。
  • しかし、同時履行の抗弁権は債権法において認められる権利であるのに対し、留置権は物権法において認められる権利であり、両者ではその取扱いが異なる点も多い。
  • 平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に係る保険料と平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に係る保険料では、控除額の取扱いが異なる。
  • 岡山・広島エリアは「岡山・福山地区」と「広島地区」にブロック分けされており、JR四国線とまたがっての乗車に際して取扱いが異なる。
  • TCPにおいては、クライアントのポート番号とサーバーのポート番号の取扱いが異なる。