取引

全て 名詞
17,097 の用例 (0.03 秒)
  • どうして僕の女装写真が秀吉の写真と同じように裏で取引されてるの!? 井上堅二『バカとテストと召喚獣 04』より引用
  • 一人でそんな取引をしたら教会にあっさり殺されると予想ができたため。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅴ』より引用
  • 書物で読んだかぎりじゃ、悪魔と取引するのはとても危険なことのはず。 ジョーンズ『ハウルの動く城01 魔法使いハウルと火の悪魔』より引用
  • だがいったい自分たちの命とひきかえにどんな取引をしようというのだ。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『01 アンクルから来た男』より引用
  • 銀行業の方ではお取引先のことをお得意さまといつも申しておりますんで。 ディケンズ・チャールズ『二都物語』より引用
  • 取引先に信用されないと言われ、ついこの間剃ってしまったのだという。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • 内国取引において交換される貨物は必然的にその同じ国の生産物である。 リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』より引用
  • きっと彼は、取引先の社長が今ここにいることなど想像もできないだろう。 奥田英朗『最悪』より引用
  • そして次に、最初に開かれる運命にあるのは日本の取引所だったのである。 堺屋太一『油断!』より引用
  • まるで自分のためではなく他人のために取引をしているようだった。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • 外国の船との取引の利益を独占しようとする、この船をもタブーとする。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • 利益の取引は罪を構成するかも知れぬが、献金や慈善は罪を構成しない。 坂口安吾『ヤミ論語』より引用
  • 商会の人たちとジルバが話してたから、何か取引でもあったんでしょう。 海原育人『ドラゴンキラー売ります』より引用
  • 俺の取引の中身は、お前の口から全部すっかり、会社のものになるんだ。 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The Second Combustion 燃焼』より引用
  • ポルトガル語が分らない者には、ただの世間話でも取引きに聞えるのだ。 佐木隆三『旅人たちの南十字星(「逃亡射殺」に改題)』より引用
  • 市民たちはこの男と取引を結び、一定額の報酬を支払うことを約束した。 阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男 ――伝説とその世界』より引用
  • 取引現場監視班の刑事らしい男が二人、茫然としてそれを見つめていた。 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • 自分の脳に入ってたものをバラバラにして、それを取引の材料にできるか? 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The Second Combustion 燃焼』より引用
  • きっと貿易の取引のために、涙をのんで点の打ち方を覚えたんだろう。 岩城宏之『棒ふりの休日』より引用
  • その時に二人の間でどのような話し合いや取引きがあったかは不明である。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • 次へ »