取れる

全て 動詞
3,048 の用例 (0.02 秒)
  • 店の一角に並べられた具を客が取れるようにしているところも見られる。
  • 楽器も手を深く入れた状態で正しい音程が取れるように設計されている。
  • ふたりの女性を同時に手玉に取れるような性格とは思ってもみなかった。 藤堂志津子『藤堂志津子 恋愛傑作選』より引用
  • どうとでも取れる断片的な言葉を口にして、彼女は西の空に目をやった。 高野和『七姫物語』より引用
  • 深い意味はないのかもしれないが、被疑者と言うのを避けたとも取れる。 貴志祐介『青の炎』より引用
  • もう少しで巻き取れる長さになってきた時、急に管が重くなりはじめた。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 大学を出さえすれば、すぐにも金が取れるように彼の父や母は思っていた。 菊池寛『出世』より引用
  • 確かに、キリトの提案した三つの案以外に取れる行動はありそうにない。 九里史生『SAO Web 03』より引用
  • 見物が機嫌のよい時節ならば、これでかなりの金が取れるはずであった。 モーム/田中西二郎訳『ロータス・イーター』より引用
  • 連絡が取れるのでしたら道本みちもとさんに、そう伝えていただきたいのですが? 沖田雅『先輩とぼく 04』より引用
  • ナイフはテーブルの上、男が手を伸ばせばすぐに取れるところにあった。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 人形はいつでも取れるように、宗児さんの机の上に置いてありました。 泡坂妻夫『乱れからくり』より引用
  • この世の中に、おれに気づかれずにバックを取れる人間は三人しかいない。 菊地秀行『トレジャー・ハンター11 エイリアン魔神国 中』より引用
  • 最近は富士でも取っているときくが、この六甲山でも取れるのだろうか。 南里征典『成城官能夫人』より引用
  • マンション内のいかなる場所にも存在でき、いかなる空間をも手に取れる。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • この状況なら、今日、申請しんせいすれば明日には逮捕状が取れることでしょう。 桜庭一樹『GOSICKs 第1巻』より引用
  • 放射線で焦げた汚れは、それくらいのことで容易に取れるものではない。 外村繁『日を愛しむ』より引用
  • また出なおして来るようにとの挨拶にも取れる、素っ気ない態度だった。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • でも知るか、そうとも取れることを言ったキラキラみのりんが悪いのだ。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第06巻』より引用
  • そういうのを見てると、絶対に誰でも取れるんだって思ってはいるんだけど。 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』より引用
  • 次へ »