取り捨てろ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 部屋ごとの花瓶かびん素枯すがれた花は、この間に女中が取り捨ててしまう。 ...
  • 犬や猫とは違うんだから、むやみに取り捨ててもしまわねえだろうが、誰が持って行ったかしら。 ...
  • 部屋ごとの花瓶に素枯すがれた花は、このあいだに女中が取り捨ててしまう。 ...
  • 情報を都合良く取り捨てするなど呼吸と同列の部類だろう。 ...
  • また切立村喜四郎の遺体は取り捨て扱いとされた。 ...
  • 五、六匹死んだ金魚は外に取り捨てられ、残った金魚はなまこの水鉢の中にくるくる輪をかいてまわっていた。 ...
  • 大方殿は、彼が持ち帰りました此の品を、用なきものとおぼし召して屍骸と一緒にお取り捨てになったのでござりましょう。
  • あの香合は、けがらわしいと思って途中で取り捨ててしまったが、不思議なことに漁師の網にかかり、神奈川宿しゆくで不思議なことに真洲の手にもどっていた。 ...
  • ともしかけは、それまでは取り捨ててしまわれたそうなのだが、老女たちは感心だとよろこんだ。 ...
  • 彼は、成経や康頼が親切に残して置いてくれた狩衣かりぎぬ刺貫さしつらを、海中へ取り捨てた。 ...
  • そんな鈴は皆取り捨ててしまつた。 ...
  • さらに、チャトランガはその成立から戦争を模したゲームで駒の取り捨てであるが、平安将棋は持ち駒使用になっていたとする木村義徳の説もある。 ...
  • 忠治の遺体は三日間晒された後に取り捨てられた。 ...
  • 得体のわからぬ小娘の死骸をそのまま取り捨ててしまえば何の仔細もない事であるが、主人がどうしても不承知で、その身よりの者を探し出して必ず引き渡してやれという。
  • 情報の取り捨てがうまく、遊び場を見つけるのが早い。 ...
  • 死屍はまち不浄墳ふじょうづかに取り捨てられたが、市人は伝え聞いて、涙を流さぬはなかったという。 ...
  • そこで、多少の齟齬を取り捨てて、より内容のある定義として示されるのが頭書の「司法とは、具体的な争訟について、法を適用し、宣言することにより、これを裁定する国家作用」という一文である。 ...