取り扱い車種

16 の用例 (0.00 秒)
  • その後日本国内で販売チャネルオートラマが発足し取り扱い車種の増加による販売拡大を狙って、日本国内でも発売された。
  • しかしながら、ミツワ自動車ではこれ以降、取り扱い車種や事業内容が頻繁に変更され、2011年には代表的な営業拠点として最後まで残っていた六本木支店が閉鎖されたことで輸入車の新車販売からは事実上の撤退となった。
  • 他のメーカーが全店舗全車種扱いに移行していく中、依然としてトヨタ自動車はディーラーごとに取り扱い車種が異なる。
  • 取り扱い車種は大倉がレースで用いたフィアットの他、ハドソンやDKW等があった。
  • 自動車部の当初の取り扱い車種はジャガー・フェラーリ・プジョー・マセラティで、後にデイムラー・サーブ・ランボルギーニも扱うようになる。
  • また、かつては大阪府内のみトヨタ店とトヨペット店の取り扱い車種が逆だったが、現在では一部車種を除き他の都道府県と同様の取り扱いになっている。
  • このためパッカードに見切りを付け、他ブランド車に乗り換えるユーザーや、取り扱い車種を他ブランド車に鞍替えする販売店も続出した。
  • 従って、現在のトヨペット店における取り扱い車種で最古のものはこのトヨエースである。
  • GMのビュイック、キャデラックの輸入から始まり、第二次世界大戦中は一時自動車輸入事業を停止していたが、その後二代目の梁瀬次郎会長に経営が引き継がれるとともにGMの各ブランドやメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲンと取り扱い車種を増やした。
  • 創業当初の取り扱い車種は当時きわめて少数派であったイタリア製アルファロメオとランチアで、同社が第二次世界大戦後最初に輸入した2台のアルファロメオ・1900のうち、一台は当時の皇太子明仁親王の学友の所有となり、明仁親王もこれを運転したという逸話が残っている。
  • 運輸局長の認証を取得して自動車の分解整備を事業として経営できる工場であり、自動車の種類によって「普通自動車」「小型自動車」「軽自動車」の3種に区別されており、取り扱い車種と装置により人員・設備・面積が決められている。
  • オートザム取り扱い車種の車名には、オートザムを意味する『AZ』の付いた車種名が多かったが、ブランド戦略でマツダ色を隠す目的があった。
  • キャンピングカーやマイクロバスを取り扱っていたこともあったが、現在の取り扱い車種は普通乗用車とトヨタ・ハイエースである。
  • 取り扱い車種に違いはない。
  • 取り扱い車種は次の通り。
  • チャンネル再編期では、マツダオートザム店に移行できなかったオートザム店は、看板はそのままで取り扱い車種も軽自動車だけだったが、新機種としてAZ-オフロードとラピュタがマツダオートザム店と併売されていた。