取り扱い規約

9 の用例 (0.00 秒)
  • なお、病理医のなかには取り扱い規約を使わない方針を持つ人もいる。
  • 写真説明の組織型分類は胃癌取り扱い規約第14版による分類である。
  • 現在ならば、取り扱い規約に準拠した記載項目がなければ、報告書としては十分ではないとされることがある。
  • 大腸癌取り扱い規約によると壁深達度がTNM分類よりはるかに細かくなる。
  • 今日においては、日本では「大腸癌取り扱い規約」に基づく独自の病期分類を行っている。
  • リンパ節の病的腫大を見つけ、それが肺がんによるものだとしたら、肺癌取り扱い規約に基づいて病期分類をする必要がある。
  • 内容は日々の近況報告や調査レポート、兵器類の取り扱い規約等々、様々な機密情報が事細かに記録されている他、思想や理念を主張したり、失敗談や苦労話を語ったり等、形式は日記に近い。
  • 各種がん取り扱い規約は改定されるたびに病理所見の記載項目がますます詳細になるが、癌診断での病理診断の重要性が高まってきているという観点からも、切り出しは病理診断科等で行う医療行為であり、登録衛生検査所が受託可能な病理学的検査の業務ではない。
  • この研究会の設立が契機になって、大腸癌、乳癌、肺癌、食道癌などの治療法と、その取り扱い規約が次々と確立されていった。