取り扱い品目

25 の用例 (0.00 秒)
  • 社名・ブランド名は同一ながらも組織上は別会社で取り扱い品目も異なっていた。
  • その際に品揃えも拡張して取り扱い品目の面でも百貨店として再スタートを切った。
  • 開設当初は書籍のみの取扱いであったが取り扱い品目を増やしている。
  • たしかに、行李もまた陸軍輜重兵の主要取り扱い品目の一つだったのである。 鹿島茂『セーラー服とエッフェル塔』より引用
  • 時代と共に加盟店の取り扱い品目が多様化したことなどから、1995年に日本電気大型店協会に名称を変更した。
  • 国際宅配便サービスとしては新しく、世界的にもごく一部の企業のみが、取り扱い品目やサービス提供地域を限定しておこなっている。
  • アメリカのスーパー業界は1980年代に大きく収益を上げたが、これはPOSの効果によって取り扱い品目が3倍に増加したためと分析されている。
  • 秋葉原の本店・2号店・3号店では店舗ごとに取り扱い品目が分けられており、販売商品は重複していない。
  • なお、インポートBOXの取り扱い品目は定期的に変化し、最終的には全国各地の物産品を扱う店と、紳士服を扱う店があった。
  • 特に近年、お好み焼きやたこ焼きなどの料理が一般化したこともあり、地盤である関西地区のみならず、関東地区でも取り扱い品目は増えてきており、都内のスーパーマーケットでも同社の製品を扱う店も多くなってきている。
  • パナビジョン社は近代的な映画製作者達の要望に応えるため、徐々に取り扱い品目を増やしていった。
  • 一部の店舗では食料品・日用品等に絞ったSSM型の店舗や、食品スーパー部分をグループ会社やグループ外の他社が運営して衣料品のみを扱う店舗など、特定の取り扱い品目に特化した店舗も存在する。
  • 取り扱い品目のなかには、通常の商品でも流通にのりにくいものや、自主制作盤、自費出版などをはじめとした愛好者にとっては貴重なものがある。
  • その他、主な取り扱い品目は以下の通り。
  • 売上げの増大に裏付けられるように、2012年現在も取り扱い品目の人気は衰えず流行の様相を呈しており、同時に熱狂的な支持と不支持の両意見がある。
  • 卸売市場のある三丁目が大半を占めており、取り扱い品目は農畜水産物、その他、食品飲料と自動車が多いようである。
  • 大正時代に入ってから第一次世界大戦にかけて、取り扱い品目数の飛躍的向上をみたため、小弥太は各事業部門を独立させ、三菱合資営業部は「立業貿易」の方針に則り、1918年に、総合商社である三菱商事として独立した。
  • 取り扱い品目にファミコンやパソコンのソフトの販売・買取を加え、一旦は店舗を秋葉原に集約し、現在にいたる原型が作られた。
  • ただ、商品の取り扱い品目が余りに多いと、店員がその場で適切な回答を出来ない場合もあり、その際には組織化された店内の接客係責任者として、店長やフロアマネージャーなどの地位にあるものが接客を引き継ぐ。
  • 商品の取り扱い品目は店舗同様に多種・多様であり、米・野菜などの生鮮食品から日用雑貨、肌着、家電の一部まで即日配達されている。
  • 次へ »