取り扱いが難しく

20 の用例 (0.00 秒)
  • 数量的な取り扱いが難しく、科学的な処理が困難だったからである。
  • マガジンの構造と高初速のための高い薬室圧力のために取り扱いが難しいという点である。
  • わずかな振動で爆発することもあるため、取り扱いが難しい。
  • ピクリン酸は強酸であるが、爆発性があるゆえ取り扱いが難しい。
  • 下瀬火薬は優秀な火薬であるものの当時の技術では取り扱いが難しいという欠点もある。
  • 毒性が高く取り扱いが難しいものについて購入時に印鑑が必要であるのは、農業用も防疫用も一緒である。
  • 大きな板が使われなかったのは、大きな水圧により少人数での取り扱いが難しくなるためである。
  • 第1因子よりも取り扱いが難しいため、第2因子の性質はあまり分かっていない。
  • 実生栽培もできるが、種子はきわめて微細であり、取り扱いが難しい。
  • この生成物 Ni4は非常に強い毒性が知られる取り扱いが難しい化合物だが、この反応で系中発生させられる。
  • 共通鍵暗号方式では鍵の取り扱いが難しい。
  • 環の数が増加するに従って溶媒への溶解度が低くなり、合成・精製などの取り扱いが難しくなってゆく。
  • 有機亜鉛化合物の多くは自然発火しやすいため取り扱いが難しい。
  • ただ、D型以上は輸入、取り扱いが難しく、ライセンスを持っていた方が県の許可がおりやすい。
  • 消費生活用製品安全法の改正によって、以前見られた片手に収まるほど超小型の製品や、大人でも取り扱いが難しいクラス3A以上の製品が排除され、適切に取り扱えば安全性を十分に確保できる製品が入手できるようになった。
  • また、燃料のほかに酸素を搭載しなければならないが、液体酸素は沸点が低いために取り扱いが難しい。
  • 有機合成においてホルムアルデヒドが必要な場合、それは気体であるため取り扱いが難しい。
  • 過硫酸水素カリウムは強力な酸化剤であるが、不安定で取り扱いが難しい。
  • ハイパーゴリック推進剤は反応性が強く毒性があるものが多い為、地上での燃料充填作業時は完全防護服の着用が必要になるなど取り扱いが難しいという欠点がある。
  • ただし放射性物質である炭素14は取り扱いが難しいため、現在では放射能を持たない同位体元素である炭素13を用いた分析法も開発されている。