取り扱いが煩雑

5 の用例 (0.00 秒)
  • その後、運転取り扱いが煩雑となることや、広島高速4号線経由の都心直通バスなどとの競合による利用者減少もあり、2004年3月20日のダイヤ改正で廃止された。
  • 放送開始から1982年までは、放送用VTRの規格が2インチで取り扱いが煩雑だったうえ、著作権法の事情等もあって放送の都度テープは使い回されていたが、NHKの呼びかけなどにより、「寒さ」以外の回が発掘されている。
  • また、混合燃料が入手できない場合、燃料補給の際に潤滑油の計量が必要となり、油まみれの計量器を携行する必要があるなど、取り扱いが煩雑でもある。
  • 放送用VTRの規格が2インチで取り扱いが煩雑だったうえ、著作権法の事情等もあって放送の都度テープは使い回されていた関係で、現存する回は1974年10月11日放映の「わな」の回のみである。
  • 昭和初期までは灯油ランプやカーバイドランプの上に、着色ガラス転換装置・レンズ・持ち手ハンドルを備えた円筒を重ねた構造であり縦長不安定で、燃料や水を補給したり清掃や注油などの取り扱いが煩雑なものであった。