取り急ぎ

全て 副詞
64 の用例 (0.00 秒)
  • さして気にする風でもない僧は、取り急ぎ状況を王弁から聞くと顔色を変えた。 仁木英之『薄妃の恋 僕僕先生』より引用
  • そんなことが頭をかすめたが、取り急ぎ考えることはそれじゃない。 谷川流『涼宮ハルヒの消失』より引用
  • 取り急ぎ病院に駆けつけてお二人で中河氏に対面を果たしてください。 谷川流『涼宮ハルヒの動揺』より引用
  • 帰国した通産大臣が取り急ぎ官邸に向かった後を追って来たのだ。 堺屋太一『油断!』より引用
  • そちらのご様子が心配ないので取り急ぎこの書状でもってお知らせいたします。
  • 現在、分かっていることはこれだけであるが編集部は取り急ぎ第二回配本分にその書き付けを掲載することにした。 酒見賢一『聖母の部隊』より引用
  • 期日までに仕事をしあげなければなりませんので、取り急ぎ一筆さしあげます。 ドストエフスキー/北垣信行訳『貧しき人びと』より引用
  • 取り急ぎ俺は本棚ほんだなの本を片端かたはしから出しては戻ししながら、他に栞がはさまってないかを確認かくにんした。 谷川流『涼宮ハルヒの消失』より引用
  • 条件を満足するエンジンに関する情報を取り急ぎ集め調査した結果、ニューヨークに住んでいる何人かのエンジン製造者の内の一人であるステファン・バルザーとエンジン開発の契約を交わした。
  • 事情を知らせるために取り急ぎ書いたのでしょう。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』より引用
  • 取り急ぎDクラスに宣戦布告をさせたいところだけど、それについてはまだどうなるのかわからない。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 04』より引用
  • 私は一番目の妹にそれでは失礼しますと別れを告げ、取り急ぎ、その地点から一番近い位置にあった書店へと向かった。 西尾維新『ニンギョウがニンギョウ』より引用
  • とにかく、あなたは私の信心についてお聞きになりたい訳ではないのですから、取り急ぎ、私が発見したことのほうをお知らせいたします。 セイヤーズ/井上一夫訳『毒』より引用
  • このため被害拡大の抑止策として取り急ぎ遺体を処分する必要が出る訳だが、あまりに被害が大きいと、この集団墓地に頼らざるを得なくなる。
  • こうしているうちに、彼らは家に着いて、取り急ぎ大臣ワジールに委細を知らせ、姫の夢のことや、庭で姫に出会う計画のことも、話しました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 03』より引用
  • 現地軍最高司令部であった中支那方面軍から指示が飛び、取り急ぎ各軍が南京攻略後の駐留地で憲兵に指示して慰安婦を集めさせ慰安所を開設した。
  • ワーリニカさん、取り急ぎお知らせします、私のほうにもなんかかんか希望のきざしが見えてきました。 ドストエフスキー/北垣信行訳『貧しき人びと』より引用
  • あなたは、みんなが私のことをどう考えるだろうとご心配のようですから、それについて、ワルワーラさん、あなたに取り急ぎはっきりと言っておきますが、私にとっていちばん大切なのは自尊心なのです。 ドストエフスキー/北垣信行訳『貧しき人びと』より引用
  • 外国婦人の中には、取り急ぎスペイン人と「結婚する」ことによって、はっきりした身分になったものも、ひとり、ふたりはあった。 オーウェル/高畠文夫訳『カタロニア讃歌』より引用
  • 美由紀と伊吹の問題には、取り急ぎ決着がつけられ、ふたりの身柄は解放されることになった。 松岡圭祐『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』より引用
  • 次へ »