取りあえず祐

11 の用例 (0.00 秒)
  • 気はいていたが、取りあえず祐麒は足を止めて様子を見た。 今野緒雪『お釈迦様もみてる 01 紅か白か』より引用
  • 何のためにそんなこと質問するのかわからないけれど、取りあえず祐巳は正直に首を横に振った。 今野緒雪『マリア様がみてる 02 黄薔薇革命』より引用
  • 柏木さんを無視して重ねて聞かれたので、取りあえず祐巳は祥子さまを優先することにした。 今野緒雪『マリア様がみてる 30 キラキラまわる』より引用
  • 四百数十円のお金を出し渋るタイプじゃないけれど、他にそれらしい理由が見つからないので、取りあえず祐巳はそう答えた。 今野緒雪『マリア様がみてる 03 いばらの森』より引用
  • 取りあえず祐麒は、烏帽子親がどんな存在かは理解できた。 今野緒雪『お釈迦様もみてる 01 紅か白か』より引用
  • 息せき切ったその様子から、その情報を入手するやいなや、取るものも取りあえず祐巳のもとに知らせに来たものと思われる。 今野緒雪『マリア様がみてる 18 特別でないただの一日』より引用
  • 由乃さんは取りあえず祐巳を解放してから、首をすくめた。 今野緒雪『マリア様がみてる 16 バラエティギフト』より引用
  • 取りあえず祐麒は動くことにした。 今野緒雪『お釈迦様もみてる 01 紅か白か』より引用
  • 取りあえず祐麒は、よかったと胸をで下ろした。 今野緒雪『お釈迦様もみてる 02 学院のおもちゃ』より引用
  • 取りあえず祐麒は、昼休みにまた図書室に行ってみた。 今野緒雪『お釈迦様もみてる 02 学院のおもちゃ』より引用
  • 取りあえず祐巳は、そう尋ねた。 今野緒雪『マリア様がみてる 15 レディ、GO!』より引用