叔母さん

全て 名詞
1,640 の用例 (0.02 秒)
  • だからね、私にどんなことがあろうとも叔母さんが気にかけないように。 泉鏡花『琵琶伝』より引用
  • それまでは、あとお母さんと弟、叔母さん一家と逃げあるいていました。 真尾悦子『いくさ世を生きて ―沖縄戦の女たち』より引用
  • 何故俺は、叔母さんと一番恋愛フラグを立てそうになっているんだろう。 入間人間『電波女と青春男 第01巻』より引用
  • 半分は自分に向けて言うかのように、叔母さんという女性が静かに言った。 片岡義男『物のかたちのバラッド』より引用
  • あの叔母さんまでが離れ岩の下の水藻に沈んでしまったのではないか。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 叔母さんにわたしがここにいることを言わないで外へ出てください。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • これ聞いたら、眉子叔母さんは、今度は盗聴機さがそうとするだろうね。 川島誠『NR(ノーリターン)』より引用
  • あんたはきれいだから、叔母さんもきっとあんたに気があったんだね。 ジョーンズ『ハウルの動く城01 魔法使いハウルと火の悪魔』より引用
  • あんたの顔を見たい、見たい、と叔母さんは何年も前から思ってたんだよ。 トウェイン/刈田元司訳『ハックルベリ・フィンの冒険』より引用
  • 彼が何度も自分でやるからと言ったのに、叔母さんは一晩も承知しなかった。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • 叔母さんから話した方が、あいつも冷静に聞いてくれるかもしれない。 今邑彩『翼ある蛇(「蛇神」シリーズ第2巻)』より引用
  • よその叔母おばさんたちの買うものを、私も同じように買って帰るだけです。 太宰治『女生徒』より引用
  • 彼の言葉に若い彼女は明るく笑い、叔母さんのほうは複雑に微笑してみせた。 片岡義男『物のかたちのバラッド』より引用
  • それからね、その叔母さんもあるのですよ、その人はものを云はない人よ。 与謝野晶子『私の生ひ立ち』より引用
  • 実をいうと、叔母おばさんに話した方がいいって言ったのはサッチンなんだよ。 今邑彩『翼ある蛇(「蛇神」シリーズ第2巻)』より引用
  • 俺の両手が、セロリを手に持っている眉子叔母さんの両肩をつかんだ。 川島誠『NR(ノーリターン)』より引用
  • 叔母さんが望んだのも、云ってみれば一種の〝安楽死〟だったんだから。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • その証拠に一度叔母さんからこんなふうに尋ねられたことがある。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 叔母さんの言葉の何処かが間違つてゐるやうに思はれてくるのである。 森田たま『もめん随筆』より引用
  • すると一さんへは上げられませんと、こう御叔母おばさんが言うんだよ。 夏目漱石『虞美人草』より引用
  • 次へ »