収拾に奔走

13 の用例 (0.00 秒)
  • 福士は紅緑の食客で、紅緑の家庭内の事件のたびにその収拾に奔走した。
  • しかしいろは丸は紀州藩船明光丸と衝突してしまい、耕蔵は事態の収拾に奔走している。
  • この事件では私学校徒らの襲撃・略奪を防ぐため弾薬を水に浸すなどの処置をし事態の収拾に奔走した。
  • 幕末の動乱期に勝海舟のもとで事態の収拾に奔走した。
  • ただし、小泉は自身が総理の時に派閥の統率を仕切り、加藤の乱のときにも収拾に奔走してくれたため、その件については感謝の気持ちを明らかにしていた。
  • 同行時代には長年にわたり銀行の情報システム構築に携わり、2002年春のみずほフィナンシャルグループ発足時に発生したシステム障害の際は、担当役員として事態の収拾に奔走した。
  • しかし翌年、紀州藩の明光丸との衝突事故が起こり、事態の収拾に奔走し、事後の紀州藩との交渉にも出向いている。
  • 事件の収拾に奔走する金村興業の若衆たちだったが、その最中に金村興業の組長が何者かに殺害される。
  • クインはこの事件に際し代表チームの最年長者として事態収拾に奔走するも、ロイ・キーンからはミック・マッカーシー監督の肩をもったと見られて恨みをもたれることになった。
  • さらに、クロアチア人指導者であるスチェパン・ラディチが議会内で銃撃され後に死亡したことにより、国王アレクサンダル1世が王国内の危機収拾のために首相に就任、事態収拾に奔走するが、それも身を結ばずに辞任、その3日後に アレクサンダル1世 は独裁制への移行を表明することとなる。
  • 以後は顕如に従って講和が結ばれた後も織田軍に抵抗する各地の一向門徒の収拾に奔走、顕如の死後は准如に従った。
  • あるいはゼウスたちオリンポスの神々の力で騒動が起きるが、半人前でほとんど力の無いポロンが責任感と明るさとバイタリティで事態の収拾に奔走する。
  • 元治元年、高杉晋作とともに長州藩士の暴発を抑えようとしたが失敗、その結果起こった禁門の変や第一次長州征伐に際しても事態の収拾に奔走したが、次第に椋梨ら反対派に実権を奪われることとなった。