収拾

全て 名詞
2,148 の用例 (0.01 秒)
  • 一刻も早く事態を収拾しなければ二万人もの人々が殺される訳でもない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第04巻』より引用
  • そうなったら、どうやって部隊を収拾したらよいだろうかと考えていた。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • 人々が絶望に支配される前に、この異常事態を収拾しなくてはならない。 冴木忍『カイルロッドの苦難 7 微笑みはかろやかに』より引用
  • 日清の役には自分が首相であったので、これが収拾には自分が当たった。 小堺昭三『男の切れ味(上)』より引用
  • この段階になればもはや事態を収拾しようとすることは極めて困難となる。
  • 最大の矛盾は、植民地戦争と帝国主義戦争の収拾のつかない激化である。 竹田青嗣『ニーチェ入門』より引用
  • 事態の収拾を望むなら高里の行動を黙認することが正しいのに違いない。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 一人二人と抜けけをして、結局収拾がつかなくなるのが落ちのはず。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅴ』より引用
  • 妻は口も達者ではあるものの、事態を収拾する手ばしっこさもあるのだ。 田辺聖子『ブス愚痴録』より引用
  • これがてんでんばらばらの動きをしては、収拾がつかなくなるであろう。 眉村卓『不定期エスパー5』より引用
  • 自分でも何をどうしてほしいのか、言いたいことの収拾がつかなくなった。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • そうしてますます混乱を大きくし、収拾のつか ないものにしていくのだ。 冴木忍『カイルロッドの苦難 2 出会いは嵐の予感』より引用
  • 大石は収拾のつかない藩論をわざとあいまいに放置していたと思われる。 野口武彦『忠臣蔵 ― 赤穂事件・史実の肉声』より引用
  • 意識がはッきりするにつれて彼は収拾のつかない自己嫌悪けんおに駆られていた。 本庄陸男『石狩川』より引用
  • だってそういう人がいなくちゃ、誰がどこに店を出すか収拾がつかないのよ。 口有介『ぼくと,ぼくらの夏』より引用
  • これ以上この人を暴走ぼうそうさせておくと本当に収拾しゅうしゅうがつかなくなりそうだからな。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第04巻』より引用
  • 周囲の者もシラケた顔つきになっていたが、私の気持ちは収拾がつかない。 佐野良二『われらリフター』より引用
  • これで皆が動きをとめれば収拾しゅうしゅうもついたのだろうが、そうはならなかった。 田中芳樹『創竜伝 第02巻』より引用
  • 聞いている僕の頭は、当然のことながら収拾つかないほど大混乱に陥った。 MASKMAN『ボヘミアンガラス・ストリート』より引用
  • それをいいはじめたら収拾がつかなくなることを、皆知っているからだろう。 山際淳司『男たちのゲームセット』より引用
  • 次へ »