収容者等の処遇

18 の用例 (0.00 秒)
  • 法的根拠は刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律68条である。
  • 刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律が定める刑事施設は、以下の者を収容しこれらの者に対し必要な処遇を行う施設である。
  • 刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律は、刑事収容施設の管理運営と被収容者等の処遇に関する事項を定めた日本の法律である。
  • また、刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律の適用により制限されることもあるが、立会人なく接見交通できる権利を有するのが原則である。
  • 長らく刑事施設の運用は旧監獄法によって規定されていたが、刑事施設の管理運営と被収容者等の処遇に関する事項は、刑事収容施設法によって規定されることとなった。
  • 施行日より、本法は「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」という現在の名称に改められた。
  • 具体的には、刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律及び同法の委任を受けた刑事施設及び被収容者の処遇に関する規則によって、刑事施設の長が許可した者が面会をすることができる。
  • なお、2005年施行の刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律においては、第79条において保護室と称される。
  • そして、受刑者処遇法は、統合後は現在の「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」へと名称が変更された。
  • 人権侵害の原因として長年批判を浴びてきたが、2002年の名古屋刑務所における受刑者の死亡事件をきっかけに情報公開の必要性が叫ばれるようになり、監獄法に替わって施行された刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律では刑事施設視察委員会の設置などで刑事施設の運営の透明性を高めることとした。
  • 刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律の一部を改正する法律による「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」への改正により、留置施設制度が改めて法定された。
  • この改正法は同月8日に公布され、刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律は、刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律として翌2007年6月1日に施行された。
  • このうち、刑務所、少年刑務所、拘置所の3つを刑事施設といい、旧監獄法上では監獄とされていたが、刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律の施行により刑事施設と改称された。
  • 法理論上、死刑とはあくまでも絞首の執行そのものをいい、執行に至るまでの拘置は特殊な拘禁状態であり、死刑確定者は刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律でいう「受刑者」にも含まれていない。
  • この処置はのちに幕閣の追認するところとなったうえ、以後江戸期を通じて「切り放ち後に戻ってきた者には罪一等減刑、戻らぬ者は死罪」とする制度として慣例化されたのみならず、明治期に制定された旧監獄法を経て、現行の刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律にまで引き継がれている。
  • 本法は、刑事施設ニ於ケル刑事被告人ノ収容等ニ関スル法律によって規定されていた内容のうち、「刑事収容施設」の管理運営と被収容者等の処遇に関する事項を新たに定めた法律である。
  • 平成24年、警察署の留置施設は国家公安委員会関係刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律施行規則第5条第3号において所定の手続きによりたばこの使用・摂取ができるようになっているが、東京都の警視庁は受動喫煙の影響や社会情勢を鑑みて警視庁の全ての留置施設を都道府県警察で初の全面禁煙にした。
  • なお、解縄について絞罪器械図式では「二分時死相ヲ験シテ解下ス」としているが、この部分については刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律179条により「死刑を執行するときは、絞首された者の死亡を確認してから五分を経過した後に絞縄を解くものとする」と改められている。