収容所長ヴァルノ

6 の用例 (0.00 秒)
  • 金持の収容所長ヴァルノ氏は彼女に言い寄ったといううわさを立てられていたが、しかしその甲斐はなかったそうである。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • ド・レナル氏、とくに貧民収容所長ヴァルノ氏の非難は、ますます激しくなって来た。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • その朝、貧民収容所長ヴァルノ氏をともなって、きわめて強硬な遺憾の意を表明するため彼は司祭の家を訪れたのだった。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • その朝、レーナル氏は貧民収容所長ヴァルノ氏を連れて、司祭の家を訪れ、はげしく不満の意を表明したのだ。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • 金持の貧民収容所長ヴァルノ氏は、夫人にいい寄ってはねつけられたといううわさで、それから夫人はとりわけ貞淑だと取沙汰とりざたされるようになった。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • レーナル氏の非難、とりわけ貧民収容所長ヴァルノ氏の非難はいよいよつのるばかりなので、老司祭は、声をふるわせて、叫んだ。 スタンダール『赤と黒』より引用

収容所長ヴァルノ の使われ方