収容人員

156 の用例 (0.00 秒)
  • それによると監獄の大きさは収容人員が五百人を越えてはいけないと決まった。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 収容人員は五万五〇〇〇人で、小都市の全人口がおさまってしまう。 田中芳樹『創竜伝 第02巻』より引用
  • 世界各地にできた地下壕の収容人員は、それでも大変な数にのぼりはする。 小松左京『果しなき流れの果に』より引用
  • 第一から第五分所と名づけられたが一分所千人から千五百人程度の収容人員だったらしい。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 当時、世界的な大工場といわれたGE会社の収容人員は約二十万人といわれていた。 豊田穣『飛行機王・中島知久平』より引用
  • 一隻あたりの平均収容人員千四百人として、八千四百万人だ。 小松左京『さよならジュピター』より引用
  • 収容人員については15000人とするが増設可能であるとされた。
  • 平均収容人員は約四十名だが、中には定員百五十八名といった大規模なところもある。 小林道雄『翔べ! はぐれ鳥』より引用
  • 元々は避難小屋であるが、収容人員約20名の営業小屋として使われている。
  • 収容人員は1万人、全日本女子東西対抗陸上大会など各種競技に使用された。
  • 単に中学校だけではない、高等学校は今後出来る限り収容人員を減少させることになっている。 戸坂潤『社会時評』より引用
  • こちらは収容人員五十名、アルバイトを含めて従業員は二名である。 森村誠一『棟居刑事 悪の山』より引用
  • 最大収容人員は一〇〇〇人という広さである。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • 収容人員については諸説あり、大プリニウスによれば25万人とされている。
  • 収容人員は10万5064席で、世界で最も巨大なスタジアムである。
  • これにより、収容人員が従来の3000人から4000人に増えた。
  • 上級学校へ行けば行くほど、収容人員が減ると見るのがこの思考実験では自然であるようだ。 戸坂潤『思想と風俗』より引用
  • 世界最大の多目的室内スタジアムで収容人員は八万人、というのがうたい文句の建物だ。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 私立の文科系大学は相当数専門学校に変え、しかも収容人員は半分ぐらいとするという。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • 勿論ギリシアとかローマとかいう時代の劇場と近代の劇場とは、その収容人員とか劇場の構造という点では非常に違ってきた。 岸田国士『俳優倫理』より引用
  • 次へ »