反戦

全て 名詞
1,401 の用例 (0.02 秒)
  • 反戦的と解釈できる内容のため、ナチス・ドイツでは所有が制限された。
  • この反戦運動の中から後に二大政党の一つとなる労働党が結成されている。
  • 児童書では、反戦の立場からの戦争や平和をテーマにしたものも多い。
  • 反戦の戦いというのは、そういう政府の方針とも戦うことを意味している。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース2』より引用
  • 反戦運動とは別に、政界有力者の間で戦争への不安を洩らす者はあった。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • 日本の戦争政策への協力を拒否し、著作を通して反戦の立場を示した。
  • 時として反戦に加えて戦争を遂行する体制・政治家に対する批判を含む。
  • 床に置いた取材用のテープレコーダーから物悲しい反戦歌が流れていた。 近藤絃一『したたかな敗者たち』より引用
  • 一方で吉田を中心とする宮中反戦グループに加わっていたようである。
  • 来沖した背景としてはベトナム戦争に対する反戦運動と復帰運動があった。
  • そのような中で発表されたこの曲は、日本における代表的な反戦歌となった。
  • 反戦派政治勢力の秘密会議は、経済問題の懇親こんしん会という名目で開かれた。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース4』より引用
  • 己は何も反戦思想にかぶれているわけでも、主義主張があるわけでもない。 福永武彦『海市』より引用
  • 環境問題や反戦平和運動などボランティア活動も積極的に行っている。
  • 軍内部にいる反戦派というのが、どういう人物なのか、会ってみたかった。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース4』より引用
  • また、一般に反戦マンガと言われるような作品も定義の中に含まれている。
  • その際、彼は反戦を訴えかけ、多くの反戦運動家、学生の支持を集めた。
  • イタリア国内の労働者も、徐々に反戦気運を表面に現わして来ていた。 木村裕主『ムッソリーニを逮捕せよ』より引用
  • 米英戦争での反戦運動と後の戦争での反戦運動に直接の連続性はほとんど無い。
  • この期間中に、抗日宣伝活動機関としての反戦同盟を作ったのである。 松本清張『日本の黒い霧(下)』より引用
  • 次へ »