反射神経

475 の用例 (0.00 秒)
  • 俺には腕力も体力もないけど、反射神経とスピードはあるつもりだった。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • 高い身体能力からの抜群の反射神経と、積極的な飛び出しでゴールを守る。
  • 遊びにたいする反射神経がまったくないと言ってよいくらいだった。 立原正秋『血と砂』より引用
  • 何度も言うが、プロ野球は反射神経の天才がやっているのではない。 近藤唯之『運命を変えた一球』より引用
  • 拳銃の弾を避けるなど人間の領域を超えた反射神経を持つ。
  • たぐいまれな反射神経を持っている清海だからこそ可能になった対応だ。 舞阪洸『サムライガード』より引用
  • ゼロの力によって力、スピード、反射神経に頼らずに相手に対応できる。
  • 身をひねることができたのは、意志ではなく反射神経によるものだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター08 エイリアン邪海伝』より引用
  • そのスピードと反射神経は、さすがに人間の域をはるかに超えている。 吉野匠『レイン4 世界を君に』より引用
  • アムロの反射神経も良いのだろうが、ガンダムはよくそれに即応そくおうした。 富野由悠季『機動戦士ガンダムⅠ』より引用
  • パイロットの反射神経が自動的に働き、レイシーは操縦輪を左に倒した。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 身につけた反射神経というものは、そう簡単に消えるものではない。 西村京太郎『消えたエース』より引用
  • これは集中力と反射神経の勝負で、いちばん衰えている部分での戦いだからだ。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • まもなく、かれの知力と体力と反射神経のすべてが要求されるときがくる。 P・J・ファーマー『地球の壁の裏に』より引用
  • もともと太郎の反射神経と運動神経は非常に優れている。 森永あい『原作/塚本裕美子 著 山田太郎ものがたり たのしいびんぼう』より引用
  • 神名が一番すぐれているのは運動神経でも、反射神経でもない。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 1』より引用
  • それは彼女にとっては、ただの単なる反射神経で対応できるくらいの出来事だった。 西尾維新『刀語 04 第四話 薄刀・針』より引用
  • うー、あれなられと反射神経とリズム感の問題だろうからいい勝負になるかな。 沖田雅『先輩とぼく 00』より引用
  • 更に高速型となった視覚と反射神経は、宙を落ちていくみやこ容易たやすとらえた。 川上稔『AHEADシリーズ 07 終わりのクロニクル③〈下〉』より引用
  • そんな反射神経も不可能にさせる恐怖なのであった。 菊地秀行『妖戦地帯1 淫鬼篇』より引用
  • 次へ »