反射炉

133 の用例 (0.00 秒)
  • また佐賀にこたび建設された反射炉に関しても銭五は詳しきことを承知じゃ。 高橋克彦『火城』より引用
  • 反射炉は次の十年の間に錫等の幅広い金属の精錬に用いられるようになった。
  • この一二〇〇の反射炉を一列にならべると、約三六〇〇メートルにおよんだ。 ヴェルヌ/鈴木力衛訳『月世界旅行』より引用
  • ひとつの反射炉には、ほぼ五万一三〇〇キログラムの金属を入れることができた。 ヴェルヌ/鈴木力衛訳『月世界旅行』より引用
  • 反射炉については俺が酒の上で勝手に話したことだ。 高橋克彦『火城』より引用
  • また日本初の反射炉・大砲製造所の設立による軍備の増強・近代化を実施した。
  • 最初の反射炉は中世の時代にあったと思われる。
  • この操作を大規模に行うためには石炭を用いた反射炉が適する。
  • また、軍事面では反射炉の設計と大砲製造に大きく貢献した。
  • 江川太郎左衛門が伊豆の韮山にらやまに立てたのは有名なる反射炉であります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 江川がその反射炉を立てる時に最も苦心したのは煉瓦れんがでありました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 栄寿は反射炉について聞かされている限りのことを細かく儀右衛門に伝えた。 高橋克彦『火城』より引用
  • 江川太郎左衛門えがわたろうざえもんどのにも反射炉の建築と大砲鋳造の命が下されたとか。 高橋克彦『火城』より引用
  • 反射炉は初手から最後まで先鋒だったからなあ、骨が折れたろう? 三好十郎『斬られの仙太』より引用
  • また、この反射炉の建設が、北区が明治期より昭和中期に至る時期に軍都となるきっかけになった。
  • 反射炉はもともと長崎の台場に据える大砲の鋳造のためにこしらえられたもの。 高橋克彦『火城』より引用
  • そうなれば反射炉の使用も許されます。 高橋克彦『火城』より引用
  • 反射炉は、みな、長い四角な煙突をもっていて、おなじ型につくられていた。 ヴェルヌ/鈴木力衛訳『月世界旅行』より引用
  • さすがに反射炉を拵えた藩だけあって、望めば試薬のほとんどが軽く手に入ります。 高橋克彦『火城』より引用
  • 攪拌精錬の原型は溶融した鉄を反射炉中で棒で攪拌する技術である。
  • 次へ »

反射炉 の使われ方