反射断面積

31 の用例 (0.00 秒)
  • 尾翼がないことにより、レーダー反射断面積の面で有利となっている。
  • レーダー反射断面積の低減、飛翔速度の向上、射程延長も図られている。
  • 計画のみに終わったが、アーセナル・シップは上部構造物がほとんどなく、低レーダー反射断面積と低視認性を強く意識した設計となっている。
  • これはレーダー反射断面積のシミュレーション計算をもとに行われており、船体の各部にはレーダー波を直接反射しないようにするため傾斜がつけられている。
  • 誘惑任務で用いられるとき、チャフは脅威レーダーからみて、防御目標より大きなレーダー反射断面積を有するように展開されなければならない。
  • 艦船や航空機に搭載されているレーダー機器から発射される電波波長領域では、現在運用されているアーレイ・バーク級に比べ、レーダー反射断面積が50分の1程度になるといわれている。
  • 設計ではレーダー反射断面積を低減する機能を幾つか備えるように考えられていたが本機は真正のステルス機ではなく、先進的なECM/ECCM装置を装備している。
  • また、副次的効果としてレーダー反射断面積が小さく、敵のレーダーに捕捉されにくいという効果もあった。
  • 漏れ伝えられている情報によれば、CIAはそれをA-12偵察機のレーダー反射断面積データの処理に使ったという。
  • レーダー反射断面積にして、ブレーメン級フリゲートの10%に相当するとされている。
  • ただし、マストには電波吸収材が装着されている他、その形態自体についても工夫が凝らされており、実際にはレーダー反射断面積はかなり低いとも言われる。
  • 機体表面にはレーダー波吸収素材を含んだ塗料が用いられ、レーダー波は熱へと変換され、これもレーダー反射断面積を低減させる。
  • これに対抗するため、艦橋の形状変更や艦上構造物の撤去などにより、レーダー反射断面積の低減を図ったのがステルス艦の始まりである。
  • アンテナが大型化されたことで追尾可能距離は延伸されており、1平方メートルのレーダー反射断面積をもつ目標であれば140キロメートル以上の距離でも追尾できる。
  • また、極力直線的な平面構成とすることでレーダー反射断面積を小さくし、既存のVFにはない高いステルス性を得ている。
  • この設計により、レーダー反射断面積こそタイフーンより劣るものの、ステルス性を向上させている。
  • 上方からの探知を防ぐため、上面のミリ波レーダーに対する反射断面積が抑制される。
  • レーダー反射断面積低減のため、上部構造物と船体には10度の傾斜が付されており、極力単純な平面で構成されている。
  • レーダー照射試験を行ったところ、Q-12のレーダー反射断面積は極めて小さなものであった。
  • また、レーダー反射断面積が5m 2 の目標を90 km探知可能である。
  • 次へ »

反射断面積 の使われ方