反射性失神

6 の用例 (0.00 秒)
  • またアルコールや睡眠薬の使用も血管迷走神経反射性失神を起こしやすい。
  • 接種後に、注射による心因性反応を含む血管迷走神経反射性失神があらわれることがある。
  • これは、採血と排尿が共に血管迷走神経反射性失神の原因となるため、それらが重なる献血直後の排尿を立位で行うと、失神して転倒する危険が高まるためである。
  • この時に重要視する失神の原因は大きく分けると4つであり、心血管性失神、起立性失神、血管迷走神経反射性失神、薬剤性失神である。
  • 急に立ち上がった時に起こる症状として、ふらつき、立ちくらみ、頭痛、複視または視野狭窄・眼前暗黒感、四肢あるいは全身のしびれ、気が遠くなるなどで、まれに血管迷走神経反射性失神を起こすこともある。
  • これは血管迷走神経反射性失神、Situational失神、経動脈過敏症、自律神経失調症、POTSが含まれる概念である。

反射性失神 の使われ方