反射式望遠鏡

13 の用例 (0.00 秒)
  • 反射式望遠鏡の場合には、いくつかのタイプがある。
  • また、反射式望遠鏡は、その口径を生かして星雲・星団等の観察となっている。
  • また、電磁波を捕える方式による分類では、反射式望遠鏡がある。
  • 反射式望遠鏡及び屈折式望遠鏡は、晴れた日の毎週土曜日に公開が行われている。
  • また屋上には反射式望遠鏡を備えた天文台が設置されていたが、これは戦後円山天文台に移設されている。
  • 後に、兄施設である花山天文台やその附属施設である生駒山太陽観測所に、子午環や60センチ反射式望遠鏡や太陽観測専用のシロースタット式望遠鏡などが設置され観測業務を実施してきた。
  • 観測所の主観測装置である91センチ反射式望遠鏡は、初期にはセルシンモーターを用いたアナログ式制御装置であったが、1990年代初頭にはデジタル式へと改良され、38年の長きにわたり観測が行われ続けた。
  • 前原の天文学者としての業績は、かつては楕円銀河に分類されていたNGC2242を岡山天体物理観測所の188センチ反射式望遠鏡による観測で惑星状星雲であることを確かめたことである。
  • 口径75cm反射式望遠鏡が設置されている。
  • 野辺山宇宙電波観測所の45mミリ波望遠鏡および、反射式望遠鏡の主鏡を支持するための多点支持装置は、静的サポートに分類される。
  • 教育学部等で用いられている望遠鏡としては、40cm〜65cm口径の反射式望遠鏡が多い。
  • 屈折式望遠鏡は口径5-15 cm程度、反射式望遠鏡は口径10-40 cm程度が主流である。
  • 公開天文台では、多くの場合15cm〜25cm口径の屈折式望遠鏡、もしくは、30cm〜60cm口径の反射式望遠鏡が多い。