反射型

66 の用例 (0.01 秒)
  • 反射型は液晶が表示器として使用され始めた頃からの比較的古い技術である。
  • 最も代表的な反射型の液晶表示はセグメント表示によるデジタル時計である。
  • 反射型と半透過型では液晶層の背面に反射板が置かれている。
  • 反射型の場合、原稿台側から光を当てその反射光を撮像素子で電気信号に変換する。
  • 反射型は低消費電力であるため、電話機以外でも携帯用途での利用が再び進んでいる。
  • 実際に使用する場合、反射型では、反射した光が意図しない効果を引き起こすことがないように注意しなければならない。
  • 平面型は、丸や四角の平面であり、反射型と吸収型の両方がある。
  • ただし、ゲームボーイカラーの様な反射型液晶であり、バックライトは搭載されていない。
  • 通常は反射型である。
  • 反射型液晶の一種であるが、電極を液晶の背後に配置することにより開口率を大幅に向上したもの。
  • すべてタッチパネル付き反射型モノクロ液晶ディスプレイが採用されている。
  • 反射型パネルの裏面用は保護フィルムの代わりに粘着層を介して反射板が付けられる。
  • 吸収型と反射型とに大別される。
  • また、原理で述べたように近接場光の測定方向の違いで反射型と透過型に分かれる。
  • よく似た反射型デバイス技術としてDLPプロジェクターがある。
  • 反射型では操作面の周囲に赤外線LEDとそのセンサーを厚みをつけて配置する為の額縁が必要となる。
  • 旧来の反射型や半透過型は前者であるが、近年のアクティブ素子を利用するものでは後者も採用されている。
  • 外光を反射することで表示を行う反射型液晶表示パネルは、透過型のようにバックライトを必要としないため、現在も簡易な表示に多用されている。
  • 反射型は、前述の通りビームスプリッターであるとも言えるし、性質によってはミラーの一種と見なすこともできる。
  • 反射型TFT液晶や反射型FSTN液晶を採用したカラー液晶のゲーム機が主流となった。
  • 次へ »

反射型 の使われ方