反射光

371 の用例 (0.00 秒)
  • 例えば周りが青い物ばかりならば反射光によって環境光は青さが増す。
  • それが放つ薄緑の豊かな光は太陽の反射光だと思って、わたしは微笑した。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • またレンズ状細胞には葉緑体が多量にあるため反射光は金緑色になる。
  • それにつれて、その反射光の中にいる点の姿がはっきりしてきた。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース1』より引用
  • このため、水辺などの撮影において反射光を抑制したい際に有用である。
  • 地球からの反射光だけでもこの光条を見ることができる。
  • 今のところ不審ふしん人影ひとかげやレンズの反射光はんしゃこうはないようだが、油断ゆだん禁物きんもつだ。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第08巻』より引用
  • しかし回転数を上げると、やがて反射光が凸部で遮られるようになる。
  • 刺身から緑色の反射光が見えることがあるのはこのためである。
  • 赤い靄のようなものは、北川が言ったとおり巨大な赤い湖の反射光であった。 半村良『邪神世界』より引用
  • 艇首と思われる部分の後方で再び反射光が瞬き、征人は期待を膨らませた。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • 反射光が揺らめく中でも、マーサの顔色が変わるのがはっきりとわかった。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 07 黒いユニコーン』より引用
  • 人工衛星なら千キロ離れていても肉眼にくがんで反射光が見えるのだ。 野尻抱介『ロケットガール 03』より引用
  • それらは反射光ではなく、自ら光を放っているらしいからだ。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • 鏡の反射光が当たったように、彼女の顔に恐怖の表情がひらめいた。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • 次に彼の目に映ったのは、波打つような反射光のつらなりであった。 田中芳樹『アルスラーン戦記外伝 東方巡歴』より引用
  • 刃の反射光が乱れ飛んだと思うと、ふたりは離れ、構え直していた。 眉村卓『不定期エスパー1』より引用
  • 火災はもうあたりにひろがる反射光をなげているだけで、消えかけていた。 ユゴー/榊原晃三訳『九十三年』より引用
  • だけど何かの物質に当たると、反射光が見えることがある。 東野圭吾『探偵ガリレオ』より引用
  • その表面をわずかな残照がでた途端とたん、反射光がれたようにかがやいた。 川原礫『アクセル・ワールド 02 -紅の暴風姫-』より引用
  • 次へ »