反射作用

75 の用例 (0.00 秒)
  • 絶対変化しないように固定されてしまった反射作用を身につけながら。 ハックスリー/高畠文夫訳『すばらしい新世界』より引用
  • 軽い衝撃ショックを受けた彼はほとんど反射作用のようにうしろをふり向いた。 夏目漱石『明暗』より引用
  • だけどそれは単なる神経の反射作用にすぎなかったのだな。 ジョイス/飯島淳秀訳『若き日の芸術家の肖像』より引用
  • が、昨夜の女を抱寄せた折の、意味のない気遅れの反射作用だと気がついた。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • それは本当の反射作用で、頭が何かを判断するよりも先に、身体が反応したのだった。 宮部みゆき『クロスファイア上巻』より引用
  • 食べたい時に食物を見れば、反射作用を起して口の中は湿っぽくなる。 宮本百合子『人間の結婚』より引用
  • 人間の心理の反射作用は微妙なものがある。 海音寺潮五郎『新太閤記(一)』より引用
  • 妻の悲鳴はむしろ一種の反射作用であった。 森村誠一『致死眷属』より引用
  • 今では、この対応はまったくの反射作用になっていた。 ホーガン『創世記機械械』より引用
  • きっと手を握った時の反射作用で握り返したか、喉のつまった音が声に聞こえたかだろう。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 脈や熱をノートにとり、筋肉の硬直をためし、反射作用を検査しました。 ドイル/鈴木幸夫訳『コナン・ドイル ホームズの回想(2)』より引用
  • 反射作用時間が徐々に下降してゆく以外に、症候はあらわれない。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『06 気ちがい科学者』より引用
  • ぼくは思わず驚きの声をあげていたんじゃなかろうか、純然たる反射作用から。 ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』より引用
  • しかれども、その作用中にまた無意不覚の反射作用あるを見る。 井上円了『妖怪玄談』より引用
  • ただの反射作用なんだから。 ハインライン『愛に時間を2』より引用
  • 危険のないことを承知している点では、隣にいる男と同様なのだが、その知識が神経組織の反射作用を押さえてくれるわけではない。 ハル・クレメント『一千億の針』より引用
  • 彼がいなくなってはじめて、狂おしい反射作用が、彼女に、男のあとを追わせた。 ケッセル/堀口大學訳『昼顔』より引用
  • 健康な男の、生理的な反射作用であったのだろう。 森村誠一『新幹線殺人事件』より引用
  • ジムの反射作用が働いた。 ディクスン『ドラゴンになった青年』より引用
  • 反射作用とは、刺激に応じてただちに起こる無意不覚作用を総称する名目なり。 井上円了『妖怪玄談』より引用
  • 次へ »