反射

全て 名詞
14,708 の用例 (0.01 秒)
  • 最初はなにか夕焼の反射をでも受けているのじゃないかなど疑いました。 梶井基次郎『橡の花』より引用
  • ナタアシャは顔を赤くして反射的に編針を持った片手をうち振っていた。 北原白秋『フレップ・トリップ』より引用
  • 次に明所の光の諸階段を眺め暗所の反射等による諸階段を眺めて行く。 小出楢重『油絵新技法』より引用
  • 私は反射的に左浦の沢木屋の電話番号は友江局だったことを思い出した。 福永武彦『海市』より引用
  • 彼女の姿や顔だちを、少しでいいから観察したいと、彼は反射的に思った。 片岡義男『物のかたちのバラッド』より引用
  • 夢ではないとわかると、反射的な動作でペコペコお辞儀をしてしまった。 大佛次郎『赤穂浪士(上)』より引用
  • 私の手は再び反射的に絵巻物を持ち直して白いところを巻き拡げ始めた。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • それはまるで海の中がそつくりそのまま空に反射してゐるやうなのである。 堀辰雄『風景』より引用
  • どういう攻撃が来るかわかるために、反射はんしゃ的にそれをふせぐ動きをしてしまう。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • 戦いはめまぐるしくなってきて、ジムはその中でただ反射的に動いていた。 ディクスン『ドラゴンの騎士〔上〕』より引用
  • 人間もその姿に驚いて、手に持っていたパースエイダーを反射的に向けた。 時雨沢恵一『キノの旅 第03巻』より引用
  • この女には社会的の反射は何の反応もなかつたのかもしれない。 林芙美子『晩菊』より引用
  • こんな時でも反射的はんしゃてき謝罪しやざいの言葉は出るんだななんて自分でも思う。 新井輝『ROOM NO.1301 09』より引用
  • 私の神経は相手から照り返して来る反射のないために段々静まりました。 夏目漱石『こころ』より引用
  • みそだれの油に蛍光灯の光が反射して、小さな楕円だえん形がいくつも見えた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 歯医者は目をぱちくりして、反射鏡でぼくの口の中を見まわすといった。 ハインライン『夏への扉』より引用
  • 朝起きた主婦が台所の戸を繰ると水甕の水から怪しい光が反射してゐる。 平野万里『晶子鑑賞』より引用
  • そしてイエス・キリストのみ言葉をかかげて、その光を反射する者となろう。 三浦綾子『塩狩峠』より引用
  • そこには真暗闇の中に燭火の反射によつて二つの眼が光つてゐるのが見えた。 長与善郎『青銅の基督』より引用
  • 反射的に俺も右腰の光剣に手を添えるが、黒マントはそこで動きを止めた。 九里史生『SAO Web 03』より引用
  • 次へ »