反則

全て 名詞
1,698 の用例 (0.02 秒)
  • 本来であれば、青木は1Rの時点で反則負けを宣せられて当然であった。
  • しかし、日本にはまだ反則を罪と感じている人間がたくさんいる。 金子達仁『28年目のハーフタイム』より引用
  • 最後はソ連の選手のオーバーネットによる反則により金メダルを獲得した。
  • テレビ画面の中でイタリア人選手が犯したのはこんな反則だった。 金子達仁『28年目のハーフタイム』より引用
  • 良く分かっているからこそ、無数の裏切りと反則技を習得したはずなのに。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第04巻』より引用
  • ナポレオンが3度目の反則の手を指すと、腕を振り、盤の上の駒を叩いた。
  • 自傷行為という反則とされて、確実に懲罰を喰らってしまうのでした。 安部譲二『塀の中の懲りない面々 2』より引用
  • また、自身が反則投球に使用したワセリンを販売する会社を経営している。
  • ラウンド開始はもちろん、試合停止や反則行為があった際にその旨を伝える。
  • いずれにしても反則を受けたチームが有利になるという点で公平な制度である。
  • しかし両チームの抗争は激化し、相手側の椅子攻撃により反則勝ちとなる。
  • それでも試合は続行されたが、お互いに反則攻撃を繰り出す状態であった。
  • 局の続行が可能な反則行為のうち、比較的軽微なものに対して適用される。
  • 一般に殴る蹴るなどの暴力行為・危険行為が反則とされることが多い。
  • そのため柔道では当身技が禁じ手・反則技として除外されたとされている。
  • このため本来、映像としては反則とされる表現も行われている。
  • 反則により選手が退場し選手の少ないチームにはアイシングが適用されない。
  • だが、俺が反則を使いつづけたのは、そう長い間のことではない。 はままさのり『青の騎士 ベルゼルガ物語 1』より引用
  • 通信対戦では反則とされた為、公式大会で使用禁止となった。
  • このときに抜きにした手を出した者は反則とみなされ負けとなる。
  • 次へ »