反則金を納付

7 の用例 (0.00 秒)
  • 従って、反則行為について争う場合は反則金を納付してはならない。
  • これは一種の行政手続であり、一定期間内に反則金を納付すれば一切の刑事処分は免除される。
  • その他、運転者が反則金を納付した場合や公訴を提起された場合も返還の対象となる。
  • そのため、その違反に対して反則金を納付せずに刑事裁判となり、判決が未確定であったとしても、行政処分としての違反歴は記録されている。
  • 反則金の支払いは任意であり、反則金を納付しない場合には通常の刑事手続に移行し、裁判による司法判断を仰ぐ権利を有している。
  • 交通反則通告制度とは、自動車またはオートバイを運転中の軽微な交通違反につき、反則行為の事実を警察官または交通巡視員により認められた者が、一定期日までに法律に定める反則金を納付することにより、その行為につき公訴を提起されず、又は家庭裁判所の審判に付されないことができる、日本の法制度である。
  • さらに、レンタカーを強盗や窃盗、誘拐などの犯罪の手段として使用したり、2006年からは貸渡中のレンタカーが駐車違反となり、借受人が警察署に出頭して反則金を納付しなかった場合、一般社団法人全国レンタカー協会のデータベースに登録され、情報交流によって以後は加盟各社で貸渡が拒絶される。