反則金

65 の用例 (0.00 秒)
  • その日も、専用の小型車に乗って駐車禁止の車に反則金を科せようとしていた。
  • 以下の各反則金の単位は円である。
  • 交通反則通告制度の反則金は、この通告処分を参考にして制定されたものである。
  • 従って、反則行為について争う場合は反則金を納付してはならない。
  • これは一種の行政手続であり、一定期間内に反則金を納付すれば一切の刑事処分は免除される。
  • その他、運転者が反則金を納付した場合や公訴を提起された場合も返還の対象となる。
  • 反則金と同様の制度として、国税犯則取締法における通告処分がある。
  • しかし、法律用語としては、反則金は行政処分の一種であり、刑罰としての罰金とは異なる。
  • なお、告知書には反則金の仮納付のための書類が付属している。
  • 反則金は行政処分の一種であり、刑事罰である科料・罰金とはその法的性質を異にしている。
  • この場合には反則金納付による刑事訴追免除が認められず、通常の刑事事件として、刑事処分の対象となる。
  • 一般の市民が「罰金」を科されたと考える最も多い例は、道路交通法違反による反則金であろう。
  • 反則金とは、交通反則通告制度に基づき行政処分として課される過料のこと。
  • また、反則金を支払わず、再三の督促を無視し続けている場合も刑事手続に移行することになる。
  • この場合の納付書には、本来の反則金の金額に、通告書の送付費用が上乗せされる。
  • また、行政処分の1つである反則金などとの対比において、刑事手続に基づく刑罰のことを刑事処分と呼ぶ。
  • 反則行為をしてから、反則行為の通告の後の反則金の納付の期限が過ぎるまでの期間も同様である。
  • なお、通告は、反則金の仮納付が有った場合には、公示にて略的に行われる。
  • 反則金の付加が当初検討されたが、法律の自己決定権への侵害への配慮と、他法との整合性から国会で討議された結果見送られた。
  • 駐車禁止除外標章を掲示していても、道路交通法により定めらた駐車禁止の適用を受ける場合は、路上駐車した場合には、違反となり反則金を支払うこととなる。
  • 次へ »