反則通告

21 の用例 (0.00 秒)
  • 反則行為の結果として交通事故を引き起こした場合には交通反則通告制度の適用はない。
  • 交通反則通告制度の反則金は、この通告処分を参考にして制定されたものである。
  • 反則金とは、交通反則通告制度に基づき行政処分として課される過料のこと。
  • なお、無免許運転は交通反則通告制度の対象外である。
  • 交通切符の交付を受けた場合は、違反者は刑事手続・少年保護手続の下にあるので、最初から交通反則通告制度の対象外である。
  • 交通切符の交付を受けて理由無く出頭しない場合、また交通反則通告制度における告知または通告を受けた行為について同制度が適用されない結果として、刑事手続・少年保護手続を受けた場合において、その受けた後に理由無く出頭しない場合などで、特に悪質であると判断した時も同様である。
  • しかし、自転車利用者の違反行為に対する処分は、自動車等の一般的な反則を対象とするいわゆる交通反則通告制度ではなく、即時、刑事手続きの下で進められることになるので実際の適用件数は少ない。
  • なお、交通反則通告制度における通告を受けた行為について同制度が適用されない結果として、少年保護手続を受けた場合においては、家庭裁判所において、改めて交通反則通告制度上の反則金を超えない額の反則金としての納付を指示することもある。
  • 交通反則告知書、交通反則通告書等が一組に綴じられており、告知または通告の際に使用される。
  • また、道路交通法違反行為のうち、そもそも反則行為に該当しない行為や、重被牽引車を除く軽車両の運転者によるもの、歩行者や運転者以外の者によるものについては、そもそも交通反則通告制度の対象外である。
  • これに対処するため、1968年に交通反則通告制度を創設して、従来の交通事件即決裁判手続に替えるものとした。
  • 交通反則通告制度の対象となるのは、スピード違反、駐車違反、信号無視などの比較的軽微な違反行為である。
  • そこで、行政上の観点から、軽微な違反については、刑事訴訟法に基づく刑事手続をとる前に、この交通反則通告制度によって行政的な処分を課すこととし、当該処分を受けた者については、その反則行為につき刑事手続・少年保護手続を受ける事がないこととしたものである。
  • 交通部門は交通事故処理などの「事故」のみを扱うだけでなく、運転免許の処理や、ひき逃げや自動車窃盗・車上狙い・反則通告を受けたのに反則金を長期にわたり未納のままにし督促も無視するといった「犯罪」の捜査も扱っている。
  • 「無免許運転、大型自動車等無資格運転、酒酔い運転、麻薬等運転、酒気帯び運転に該当する場合、または反則行為をし、よつて交通事故を起こした者は、反則行為および交通反則通告制度の対象外となり、同制度上の通告を受ける事はない」と定められている。
  • 交通反則通告制度は、道路交通法違反の罪のうち比較的軽微な形式犯を行った者に対し、警視総監または道府県警察本部の長が、行政処分として反則金を納付させ、反則金を納付した者については刑事訴追を免ずる制度である。
  • 交通反則通告制度とは、自動車またはオートバイを運転中の軽微な交通違反につき、反則行為の事実を警察官または交通巡視員により認められた者が、一定期日までに法律に定める反則金を納付することにより、その行為につき公訴を提起されず、又は家庭裁判所の審判に付されないことができる、日本の法制度である。
  • 自賠責保険に加入しないまま自動車や原動機付自転車を運行させた場合は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられるほか、道路交通法上の交通反則通告制度点数6点が加算され、運転免許証の停止または取消処分がなされる。
  • なお、交通反則通告制度に基づくいわゆる反則切符により納付する反則金は行政罰であり同規定の「罰金刑」には該当しない。
  • また、交通反則通告制度による交通反則金の納付を通告して、これを納付したときは、当該通告の理由となった行為に係る事件について、公訴を提起されず、又は家庭裁判所の審判に付されない。

反則通告 の使われ方