反則裁定

20 の用例 (0.00 秒)
  • このルールの大きな特徴は「反則裁定でも王座移動があること」である。
  • 当時の各団体のタイトルマッチは反則裁定では原則として王座移動がないものが主流であった。
  • 本大会にて反則裁定なしの特別ルールにより行われることが決定していたビンスvsブレット戦の調印式を采配した。
  • 団体によっては反則裁定を受ける事もあるが、ディーノはお構い無しにレフェリーに抗議する事もある。
  • 多くのプロレス団体においてチョーク=気管を圧迫する行為は反則とされており、反則裁定なしなどの特別ルールでない限り決め技となることは少ない。
  • このベルトが賭けられた試合は基本的に、凶器攻撃などの反則裁定が一切無く、さらにリング上でなくても、会場外であろうと、観客席であろうとどこでも決着を付けられるというルールで行われるが、レフェリーがジャッジして3カウントしないと正式には認められない。
  • ケージが存在する以外にはハードコアマッチと同じルールで反則裁定なし、かつエニウェアフォールが適用され、天井の上で試合が決着する事もある。
  • また、反則裁定はなく必然的にデスマッチの色合いが強くなる。
  • 最初の統一戦から約1年が経過した1989年4月16日、後楽園ホール大会におけるメインイベントの鶴田対ハンセン戦も反則裁定に終わり、ついに激怒したファンが暴動寸前にまで陥る。
  • 更に、メイン戦のザ・ミズとシナのWWE王座戦がダブルカウントアウトに終わるとすぐさま登場、その場で反則裁定なしでの再試合を命じる。
  • しかし、1973年に創立されたPWFでは実質的な創立者であるジャイアント馬場の意向でルール改正が施され、反則裁定でも王座移動となり、全日本プロレスで基本ルールとして採用された。
  • ハードコア・レスリングのルールとして、凶器の使用などの反則裁定が一切なく、またリングに限らず、どこでも決着がつけられるルールを主としており、観客にスリリングさをアピールする狙いがある。
  • それまでの全日本プロレスでは、アブドーラ・ザ・ブッチャーやタイガー・ジェット・シンに代表される流血戦や凶器攻撃での反則裁定が横行しており、大物同士の対戦になると場外リングアウトドローなど不可解な裁定で終わる試合が少なくなかった。
  • 翌日のRAWでクリス・ジェリコの要求により再戦が行われたが、試合開始直後にDXがレフェリーを小突き、激怒したレフェリーの反則裁定により試合はジェリコ&ショー組が勝利したが反則のため王座が移動せず、ジェリコ&ショーの再戦権を潰した。
  • アメフトではプロフットボール殿堂入りも果たし、プロレスではNWA世界ヘビー級王者ルー・テーズに反則裁定ながら勝利してテーズの連勝記録をストップさせた。
  • 反則裁定なしの特殊ルール下で行われ、マイバッハはこれを巧みに利用した反則技やバルコニーからのダイビング攻撃で王者森嶋猛を追い込むも、25分33秒、バックドロップに散った。
  • 試合は場外カウント無し、反則裁定一切無しのノーDQマッチであり、且つ負ければ東郷の股をくぐり大阪プロレスを離脱しなければならないという厳しい条件をのんでのベルト挑戦であった。
  • 同年7月6日、サウスカロライナ州コロンビアにてテリー・ファンクのNWA世界ヘビー級王座に挑戦、反則裁定ながら勝利を収めている。
  • スウィート・チン・ミュージックを幾度となく叩き込むが、サバイバー・シリーズでの王座に挑む条件としてオートンの希望であるスウィート・チン・ミュージックの使用を禁止、ショーンの希望である反則裁定無しのルールのもと行われ、巧みな関節技を駆使して追い詰めながら一瞬の隙を突かれRKOに沈む。
  • ノー・ウェイ・アウトの反則裁定無しの一戦でシェインに勝利、更に翌日のRAWでは再戦したシェインにパントキック、ステファニーにRKOを決める。

反則裁定 の使われ方