反則攻撃

44 の用例 (0.00 秒)
  • それでも試合は続行されたが、お互いに反則攻撃を繰り出す状態であった。
  • 奴は二度目の反則攻撃を行った。 はままさのり『青の騎士 ベルゼルガ物語 1』より引用
  • 試合開始と同時に、俺は反則攻撃を受けた。 はままさのり『青の騎士 ベルゼルガ物語 1』より引用
  • しかしマヌーフから、KOしたパンチは後頭部への反則攻撃ではないかと抗議された。
  • 対戦相手のハリは反則攻撃後のボンヤスキーの一連の行動に対して「演技」の可能性を指摘した。
  • アクシデントで足を負傷し、反則攻撃に出る彼の攻撃をものともせずボストン・クラブで勝利を収めるが、試合終了後に彼のその潔さに賛辞を送る。
  • 大半は最後に敗北し、客は溜飲を下げるが、場合によっては反則攻撃などの汚い手段で勝利・反則負けをする。
  • 反則攻撃も存在するが、これを使うと一定の確率で審判に見つかりファウルアウトになる。
  • 特に男色ディーノ絡みの2試合では壮絶な誤爆と反則攻撃を食ってしまった。
  • 一時期、試合中に相手の反則攻撃を受けて試合続行不能になってしまうと言う不運にたて続けに見舞われていた。
  • 派手な大技よりも小技や反則攻撃を得意とする職人ヒールタイプで、関節技や丸め込み技の類はほとんど使用しない。
  • 勝利直後、バダ・ハリの挑発・反則攻撃への不満からか、倒れているバダ・ハリを一喝した。
  • スティーブ・バーガーを開始27秒でKOするも、ラダックに反則攻撃があったことから後に無効試合に変更となった。
  • 押し倒された際に後頭部へのパンチを連打されるという反則攻撃を受けるが、試合を続行し判定勝ち。
  • グラウンドでの蹴りなどブランコの反則攻撃を受けるも、リアネイキドチョークで一本勝ちを収めた。
  • 立ち場的には完全にベビーフェイスだが、反則攻撃を繰り返してくるヒールには非常に過激な技で制裁を加えることもあるため「黄色い悪魔」と呼ばれることもある。
  • 後頭部への反則パンチを連打されるという反則攻撃を受けるが、試合を続行し判定勝ち。
  • 多くのファンは両者の真っ向からの激突に期待したものの、後藤は天龍のリングシューズを脱がしにかかるなど反則攻撃に終始した。
  • 「レフェリーのブラインドを突いて、ルール内で反則攻撃を行うのが本当のヒールである」という悪の美学を持っている。
  • その後もバリエントスは反則攻撃を続けたので、試合は中断し、バリエントスの反則負けとなった。
  • 次へ »