反則投球

10 の用例 (0.00 秒)
  • また、自身が反則投球に使用したワセリンを販売する会社を経営している。
  • 反則投球ではないのかという指摘は、作中では慎重に退けられている。
  • 反則投球ではないかとしてプロ野球ルール委員会が開かれ、正規の投球であると認められた。
  • 野球の反則投球の一つにスピットボールがあるが、1920年にアメリカ大リーグでこれが禁止された際、その時点でスピットボールを得意にしていた投手には引退まで使用が認められている。
  • 軸足が投手板に触れずに投球した場合、クイックピッチを行った場合、投球に関連する動作を途中で止めた場合は反則投球となる。
  • 走者がいない場合はボークにはならないが、ボークと同じような動作を行った場合には、それが反則投球とみなされる場合に限り「ボール」を宣告する。
  • しかし、同年のテストマッチで投球が反則投球とされ、復帰前にフォームの矯正を余儀なくされた。
  • 反則投球の場合、塁上に走者が居なければボール、塁上に走者が居ればボークが宣告される。
  • ただし、打者が反則投球を打って安打にしたり、失策や四死球その他により一塁に到達した場合は、そのプレイが生かされる。
  • 野球の審判員は球審・塁審・外審の区別なく、タイム、ボーク、インフィールドフライ、反則投球などによるボールの汚損の宣告、その他、ルールの適切な適用を行う権限が同等に与えられており、これを遂行する任務がある。