反則勝ちを収め

8 の用例 (0.00 秒)
  • 試合中に覆面の下が露出し反則勝ちを収めたことがある。
  • グランドスラム・東京では3位決定戦でドイツのルイーゼ・マルツァンに顔を叩かれたことにより反則勝ちを収めた。
  • 生涯最後の試合は11月8日収録・同11日放送のスマックダウンでケン・ケネディと対戦し、得意の演技で反則勝ちを収めた。
  • グランドスラム・東京では準決勝で世界2位であるアメリカのマルティ・マロイから先に抑え込みで技ありを取りながら、腕挫十字固で逆転負けを喫するが、3位決定戦では世界チャンピオンであるブラジルのラファエラ・シルバから背負投で有効を取るなど優勢に試合を進めて、最後は反則勝ちを収めて3位となった。
  • 日本プロレス以来となるアントニオ猪木とのシングルマッチも何度か組まれており、1975年7月の来日時は猪木を失神寸前まで追い込み、反則勝ちを収めている。
  • アンフォーギヴェンでシナに反則勝ちを収めた後、シナの負傷に伴い王座は空位となり、ノー・マーシー冒頭でビンス・マクマホンからWWE王座が授与された。
  • 予選リーグでは同ブロックのグレート草津やマイティ井上を下しトップの戦績で決勝トーナメントに進出、1回戦でミスター・サクラダ、2回戦でジャンボ鶴田から反則勝ちを収め、ラッシャー木村と優勝戦を争った。
  • ジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリングでは1983年5月28日、トーナメント決勝でロニー・ガービンから反則勝ちを収め、空位となっていたナショナルTV王座を獲得した。