反則ポイント

14 の用例 (0.00 秒)
  • 相手の技による失点だけではなく、反則ポイントも全く受けていない。
  • なお、2010年シーズンの反則ポイントが149となり150万円の反則金を課された。
  • リーグ戦において、選手に提示された警告と退場、およびそれに伴う出場停止の数により、以下の合計でクラブに対する反則ポイントを計算する。
  • また、監督やベンチスタッフが執拗な抗議などにより退席やベンチ入り停止の処分を受けた場合は、選手の退場や出場停止と同様に反則ポイントが加算される。
  • また失点数・反則ポイント共に、チーム歴代最少であった。
  • 反則ポイントは、サッカー・Jリーグにおいて、ファウルや反スポーツ的行為などの反則に対して科される独自のポイントである。
  • 反則ポイントの計算対象はリーグ戦のみで、Jリーグカップ、天皇杯などの試合で受けた反則や出場停止は加算されないが、リーグ戦において退場処分を受け、直近のJリーグカップや天皇杯などの試合で出場停止を消化する場合はそれも算入される。
  • リーグ戦全日程終了後、反則ポイントの合計に応じて、クラブに対し反則金の支払いが科される。
  • 反則ポイントが1試合平均1ポイントを下回ったクラブにはフェアプレー賞として賞金が与えられ、その中で最も反則ポイントが少ないクラブに高円宮杯が授与される。
  • 年間の反則ポイントが1試合平均1ポイントを下回った全クラブにフェアプレー賞と賞金が授与され、その中で最も反則ポイントが少なかったクラブに高円宮杯が授与される。
  • その一方で、Jリーグでのアンフェアなプレーによる反則ポイントは、2010年の125 から180 へと増加し、制裁措置となる反則金の金額も前年の60万円 から150万円 へと増えた。
  • 特に2011年シーズンでは反則ポイント・反則金の金額ともJ1・J2の38クラブを通じて最多であった。
  • 反則ポイントはフェアプレー賞の選考基準51ポイント以下に対して僅か17ポイントで、2位の湘南を大きく引き離し、2年連続のJ2フェアプレー賞を獲得すると共に、チェアマン特別賞も受賞した。
  • また、総警告はJ1ワースト3位の65、反則ポイントは104となり、反則金40万円をJリーグに支払うことになった。