反則をとら

9 の用例 (0.00 秒)
  • また、通常の試合形式であっても、レフェリーが見ていなければ反則をとられることもないため、レフェリーの目を盗んで凶器攻撃が行われることもある。
  • 日本国内では新日本プロレスはグレート・ムタの毒霧で反則をとらないが、TAJIRIがG1に初参戦した際には毒霧を使用しない旨の約束状にサインを強いられ、使用した場合は反則となり、試合終了となっていた。
  • また、アンダーハンドパス・オーバーハンドパスのどちらで受けるかの判断も一つの要素だったが、1995年から、第1球目の接触時のみに関してはダブルコンタクトの反則をとらないという改正ルールが導入され、状況が一変した。
  • この試合は消化試合であったが、SOレミルヌは前節の試合で不可解な判定でたびたび反則をとられて敗北し、優勝の可能性がなくなっていた。
  • 山口はロープ際へバックステップした際に片足をリングから落としてスリップしたところを加撃されてのストップ負けとなったが、オーストラリア人レフェリーのLes Fearは反則をとらずに8カウントを数えて試合を止めた。
  • トライで10-10の同点になったと思われたが、スローフォワードの反則をとられてトライは認められなかった。
  • この形状のためラグビーの試合では、しばしばラインアウトでの「ノットストレート」の反則をとられることがあり、テレビ中継などで「まっすぐに投げ入れることが難しい」と解説される。
  • この決勝では4点差の終了間際、慶應の村井大次郎がディフェンスラインを突破、同志社のインゴール中央左に飛びこんで同点、さらに正面からのゴールキックを得てほぼ逆転なったと思われたが、直前の松永敏宏からのパスがスローフォワードの反則をとられて幻に終わり、結局最終スコアで決着した。
  • さらに後半44分、DF鈴木秀人が自陣ペナルティエリア内で判断ミスでハンドの反則をとられ、駄目押しのPKを決められ、0-2で日本は敗れた。